2012年12月30日

なぜ元日のNHKスペシャルに出演したのか、について

 今までテレビ出演の依頼はいくつか頂いていたのですが、断ってきました。
じゃ、なぜNHKスペシャルの依頼を断らなかったのか?
「NHK スペシャル 2013 世界とどう向き合うか」1月1日 午後9時〜」

実は、元旦のNHKスペシャルは、外交問題の話なので
「もしも誰かの気に入らない事を言ってしまったら、大変だよ。やめた方がいいんじゃない?」
という友人も何人かいて。

ある友人は「娘さんとか、いじめられないかな。大丈夫かな?」とまで言われてしまいました。

 それでも、でようと思ったのは、友人が
「あなたみたいに、【戦争しちゃいけない】なんて言ってると、ネットで叩かれるよ」
と言われた時でした。

その時に、とっさに、本当にとっさになんですけど。。。出演しようと決めました。

私を叩くかもしれないだろう、その人たちの命も守るんだ。

いや、なんかヘンで突飛な話に聞こえるかもしれませんが、本当にそう強く思ったのです。。。


 それは、私が経験で学んだことからきています。

 私は、2001年の911の時にニューヨーク郊外に住んでいました。だから、米国がイラク戦争に突入していった様子を見てきました。多くの人が、大量破壊兵器はないかもしれない、と思いつつ、そういう落ちついた議論が言いだせない雰囲気になっていきました。

「やらなかったら、自分達がやられるんだぞ」

 その怖さから、誰も何も言えなくなりました。
ジョンレノンのイマジンがラジオで放送自粛になり、夜中、笑いながら政治批判するコメディアンの番組が突然打ち切りになりました。あの言論が自由と信じていた国アメリカが一瞬で、反対意見を何も言いにくくなる国になり、そして戦争へと突入していきました。

 そして、愛国を叫ぶ若者たちが兵隊に志願し、次々と亡くなっていきました。その時、軍は志願兵を沢山探したのです。多くの18歳19歳の若者がリクルートされて軍の最前線に行くことになりました。

 そして米国人兵士4千488人の人が亡くなりました。

 それは、毎日、毎日のことでした。毎日多くの人が亡くなるので、全国放送にもなりません。地方放送で、その地方で育って亡くなった人の写真が数秒流れます。それだけです。


 戦死者はヒーローだと言ってもらえます。でもそれだけです。
私は、その地方テレビのニュースを、ただ、ただ茫然と毎日見ていました。
 
 たぶんこの戦争がなければショッピングモールで買い物したり恋人とデートしたりしていただろうと思われる若い人たちの笑顔の写真を見るのが、本当にいたたまれませんでした。


 そして、この戦争で、イラクの民間人(まったく戦争に決定権もなく、そこに生まれ育った人たち)の米軍主導の有志連合軍に直接殺害された数は1万4千705人。
その中で、子供は1201人。何もしていないのに、その国に生まれ育ってきただけで、子供を殺されたイラクのお母さんが、どんなに辛い思いをしたか。。。。

 死者は人数だけ見たら、顔がみえません。もしも、あなたの子供が殺されたら、あなたはどうしますか?殺した人を殺したいと思ってしまうかもしれません。そして米国兵の方々が子供を殺す事それは命令であったり、誤爆であっただけで、その子たちを本当に殺したいと思っていたとは、私は決して思いません。

 でも、それが戦争なのです。

 

 そして、イラク戦争について国連のアナン事務総長はイラク戦争は「国連憲章に照らしても違法」と言明しました。


 

 私は決して、明日平和な世の中がくるとは思っていません。
 そんな楽観主義者でもありません。

 でも、私は、これから、日本は、日本なりの【哲学】をつくっていかなければ、問題はいつまでたっても解決しないと思っています。

 実は私は国際機関でアドバイザーをしていて、日本が多くの国に好かれている、信頼されていることを肌身で感じます。国内では、日本は駄目だ、駄目だと言っていますが、今でも日本のような国を目指したいと思っている国も沢山あります。日本も日本人も実は世界からとても信頼されています。

そして、「世界唯一の被爆国」として、「宗教戦争をしていない国」として、「戦争をしない国」として、やれることはものすごく沢山あります。

 平和交渉、武装解除、災害緊急支援、貧困地区への保健活動、マイクロファイナンス。知識人の交流。グローバルヘルス、説得するコミュニケーションの技術の研磨。教育。世界を平和にする実務的戦略は実は、数えきれないくらいにあるのです。

 そして実際にそれを実行している人たちも日本には沢山いる。


 実は、日本は、「戦争をしない国として」ではなく、もう一段皆で上にあがって、世界の平和を構築するリーダーとして生きる道があるのじゃないかとひそかに期待しているのです。

 これ想像するだけで、めちゃくちゃカッコイイ国じゃないですか? 

 

 でも、同時に私は現実主義者です。自衛隊をなくしたいと言っていません。
どこかの国の肩を持つつもりも全くありません。日本の国境でのいざこざも、充分承知しているつもりです。わけのわからないことを言う、行う国にもちろん腹がたちます。それでも、同じ土俵で戦っていたら、歴史は同じことを繰り返すことを証明しています。

 新しい道を模索しないと、また沢山の(ふつうに生きてきた人たちの)命を奪う。

 「戦争をしない」と決めることは、「戦争をすること」よりも何倍もの勇気がいります。

そして「戦争をさせない」ということは、それこそ何百倍の外交努力と知恵と叡智が必要になります。

 

 なぜなら、怒って、武器をとることの方が単純明快そして簡単だからです。市民全体を恐怖に陥れて、「やらなければやられる」と煽動し国内をまとめる方が、単純でたやすいからです。弱腰だと言われないように、強く叫ぶ。そのほうが楽なんです。
 どの国でも同じです。


 でも、軍事力は暴力です。暴力は暴力で一時的に押さえ込むことはできても、家族を殺された側の人々の心に残った恨みは、押さえ込むことができません。歪みは残ります。

 その恨みはいつか、別の場所でテロとして現れるのです。そしてその犠牲者はあなたの大切な人になるかもしれません。


 
実は「世界の平和構築をリードする」を堂々と国の方針として率先できる国は世界中見渡しても、ものすごく少ないのです。でも日本は言える

そして、もしそんなことを言いだせば、馬鹿じゃないかとせせら笑う人が山ほどでるでしょう。そんなことは、百も承知で言います。他国の大国が口をあんぐりさせるでしょう。苦笑

でも、いいんです。口あけさせとけば。(苦笑) 堂々とやればいいんです。戦略はいくらでもあります。2013年ですから。

 だってそろそろ新しい考えを誰かが提唱していかないと同じことを繰り返すの、馬鹿馬鹿しくないですか?

 そして、日本が何かのリーダーになってもいい時期にきている気がするのです。
 ポイントは、平和を構築するために、暴力以外の面ですべて戦略的に徹底的に強くなることです。

 子供が日本に生まれた事を心から誇りに思えるような国に。


親友が、「でもさ〜、日本で平和が大事、とか言ってたら、全く浮いたへんな人みたいに聞こえるよ〜」
って心配して一生懸命止めてくれました。

「日本ではね、誰も戦争なんかはじまるなんて夢にも思ってないんだから」

たぶんそうですよね。

でも、空気読めないのは、私が、あんなに言論が自由だと信じていたアメリカで戦争を経験したからなんです。今の日本はあの時のような雰囲気がある。
何が起こるかわからない。一瞬で何も言えない空気になる、と思います。
そう流れはじめたら、もう止める事はとても難しくなります。
まだまだその前だから、発言しよう、って。


そして、それは、たぶん、私がふつうのひとりの母親でもあるからだと思います。
広島で、長崎で、沖縄で、サイパンで。。。そして多くの空襲で、戦争で、自分の子を亡くしたお母さんたちの気持ちを考えたら、同じ親として責任をもちたいと思いました。

あんな悲惨なことをもう起こさないために。

HHK1

NHK2





















Happy Holidays and Happy New Year
皆さん よいお年を!

雪が積もるコネチカットのホテルより


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/tentenwang/51758512
この記事へのコメント
5
全く同意見です。自分の利害ではなく、戦争で死ぬかも知れない国民のことを少しでも考えて、共感してくれる人が増えることを心から期待したいと思います。
Posted by 佐山展生 at 2012年12月30日 15:46
知人がFacebookで紹介していたものを見てこのBlogに
たどり着きました。
2003年2月から5月まで、ちょうどイラク戦争開戦直前から、
当時のブッシュ大統領が「主要な戦闘は終わった」と宣言
した翌日までアメリカ、サンフランシスコに滞在し、また
4月にはニューヨークの911の現場に足を運んだ者として、
そして、その後、様々ないきさつの結果、イラクの現地に
実際に行き、人道支援という現場で関わることになった者
として、Blogに書かれていることに大いに共感します。

ただ、日本は直接手を下してはいないものの、間接的には
戦争に関わってきた、あるいは黙認してきたと考える者と
しては、国際社会の中で平和をリードする際にも、日本は
手を汚していない無垢の善人として振る舞うことはできな
いと考えます。

そのような「反省」も踏まえて戦争をしないという覚悟が
必要かと思います。
Posted by 原 文次郎 at 2012年12月30日 16:51
同感です。

まだまだ未熟で人生の経験値は低いですが、この世の中は、おおむね、鏡の原則で成り立っているのではないかと思っています。プラスがあれば、マイナスがあり、山があれば谷があり、良いこともあれば悪いこともある。人に与えれば、与えられる、人から奪えば、奪われる、人を殴れば、殴られる。

同じように、戦争からは戦争が生まれ、戦争をなくす気持ちからは戦争が無い世界が生まれるのだと思いました。

本当に様々な価値観が溢れ、それぞれに異なる人生を歩むこの世の中ですが、1人でも多くの人が、自分の利害を超えて、戦争を無くすと堂々と宣言できるようになってほしいと思います。
Posted by 須崎雅文 at 2012年12月30日 22:11
5
同感です。カッコいい国、作りましょう。
Posted by 櫻井光政 at 2012年12月31日 01:26
4
同感です
そしてまた、影響力のある方々が正当な意見をどしどし言って欲しいし、言える国であり続けて欲しいと思います。
Posted by 舟津清和 at 2012年12月31日 01:42
よーこさんは、「私がふつうのひとりの母親であるからだと思います。」と謙遜されていますが、ふつうは自分の子を守るのが精一杯で、他の子や、ましては他の国の子供のことまではなかなか頭がまわらないと思います。よーこさんは本当に強いと思います。

イギリスでは見れないので、よーこさん出演のNHKスペシャル見たかったな。放映の後では色々言う人が出るかもしれませんが、絶対にめげないでくださいね。歴史上の戦争は、全部男性が決めてきたこと。母親代表のよーこさんの発言が反響を呼べば、きっとその流れが変えられるかもしれません。

2013年、よーこさんがますます活躍される年になりますように。心から応援しています。
Posted by ガア子 at 2012年12月31日 08:43
私は批判される、と心配する必要はないと思います。
日本は思想の自由が認められていますし、メディアにはメディアが主張したい意見を言える人間が必要です。
視聴者としては個人の資質よりも肩書きを優先して評価しますし、案外話の内容よりも話し方で判断します。雰囲気さえ良くしていれば大丈夫ですよ。細かくチェックされるのは知名度の高い方々ばかりです。嘘や妄想を展開しない限り、記憶されることもないですよ。地道に頑張れば良いんです。
別に中国に対して軍事行動を止めろと言えるわけじゃないでしょう?
それならネットで話題になることもありませんよ。気楽に構えていれば良いんです。
Posted by k at 2013年01月01日 00:32
自分の名前を出して、ポジションを明らかにするのは本当に勇気がいることだと思います。
ありがとうございます。
Posted by yuk@ at 2013年01月01日 17:09
1
先ほど、NHKスペシャル観ました。
涙目で発言する、あなたの姿が、非常に不快でしたので、投稿させて頂きました。

あなたは、大きな勘違いされていませんか?

あたたの価値観では、ヘイワが第一で、人道重視かもしれません。それは、良いのです。そして、そうあるべきだと、思うのも、望むのも良いですよ。

但し、あなたの価値観を全世界に通じる共通認識だというのは大きな間違いだと思います。

例えば、
北朝鮮は、先軍政治を国是とする独裁国家。
中華人民共和国は、解放軍が絶大な実権を握る独裁国家。
大韓民国は、馬鹿げた反日を国是としています。
広島、長崎の原爆攻撃は、米国が行った、非道な日本人の虐殺です。東京大空襲もしかりです。米国は未だに自国の非道を認めていません。

他国をもっとよくご覧なさい。ヘイワなどより、軍事力の優劣を競っている。人道主義など、北朝鮮や中国のどこにあるのか?
戦争はケシカランと訴えるなら、真っ先に北朝鮮や中国に向かって言うべきではないですか?

あなたが、特にマスメディアで発言されるなら、もっと歴史的な視点から仰るべきだと思います。
私が、あなたに言えるのは、

『地獄への道は、善意の玉砂利で敷き詰められている』

の一言です。

あなたのような、リアリティー無しに、ヘイワを希求するようなお涙ちょうだいの人権屋こそが、戦争を招く危険人物だと、私には映りました。

勿論、私の誤解であることを望みます。
Posted by Fugen at 2013年01月02日 00:29
少しだけNHK見ましたけど、やっぱりあなたは出るべきではなかったです。多くの日本人から見たらあなたはNHKの代弁者です。
突っ張っていたら戦争になりますよ、だから強情張るのはやめなさい。でしょ。
つまり 脅して突っ張った中国に譲歩しなさいと言うことでしょう。
ヤクザ国家が肩で風を切って闊歩する世界でいいのですか?
世界から賞賛される国から意気地無しの国と言われてもいいんですか?
尖閣をあきらめたら次は沖縄を狙ってきますよ、その時も譲歩するんですか?
中国の主張は明らかに破綻しています、日本側の主張を大陸中国人の誰も知りません。
嘘つきでルールに従わずに他国を脅す国が得する世界ではダメなんです、正論が通る世界を作らないとダメなんです、だから東南アジアの国々も日本を影ながら応援しているんです。
尖閣を失う事はアジアの平和が崩れることなんです。
感情ではなく、よく考えてください。
Posted by ラブじゃぱん at 2013年01月02日 02:03
日本国での平和論者は支那国と北朝鮮の極悪コンビが核兵器保有を果たしている事にはな〜んにも言わないのが不思議だ。 支那国に泣かされている東南アジア各国、特に支那国に無理やり組込まれてしまったウイグル、チベット、内モンゴルを何と見ているのだろうか?
平和を求め、実現する!だなんて不毛な運動はやめて、戦争のない世界を求めるべきなのだ。
日本一国がやれ平和だ、やれ核兵器廃絶だなんて言っているのは世界ではもの笑の種でしかない。
処で、『そして「戦争をさせない」ということは、それこそ何百倍の外交努力と知恵と叡智が必要になります。』どそうだが、戦後の我が国を少しでも理解しているのならばこんな事なんか言える筈がない。 日本国の外交なんかほぼ破綻しているし、政治家たちには智恵と叡智なんかありゃしない。 我がは憲法を改正しない限り普通の国家にはなり得ないよ、
Posted by 俎板の上の鯉 at 2013年01月02日 02:08
戦争を起こさないに越したことはない。わかります。
でも左巻きの人も右巻きの人も全く分かっていない。
戦争を起こすか起こさないかは外交とインテリジェンス(情報工作)の問題です。時にはヒステリックな感情はプロパガンダに利用されるだけです。
それと今中国(に限らず韓、北、露、米)と戦争前だとおもっているのでしょうか?とんでもない、もう戦争中ですよね。
Posted by イマジン at 2013年01月02日 02:28
NHKの特番、拝見しました。
知識人の方達のご意見はもっともでしたが、日本は戦争をしない、他国にもさせないと明言したのはよーこさんだけでしたね。意外でした。当たり前だと思ってました。
日本と周辺国との関係は今、最悪の展開になる可能性、他国が日本に侵略し(日本の方から他国へ攻撃することはほぼないですから)日本がやり返さねばならない状況になる、が高いですね。
この危険な状況で、戦争は絶対に起こしてはならない、と日本の1人ひとりが強く思うことが抑止力になると私も思います。
イラク戦争と同じく、一度、戦争へ大きく世論が傾いてしまったら、止めることはできないです。沢山の方が亡くなるまで止まらないです。それが人類の戦争のパターンですから。
まだ、いまなら止められます。そのために相手を冷静に静観し、挑発に乗らない勇気、大人の忍耐、知恵が必要です。
中国、韓国のやることに対しては、言葉できちんと抗議し、国際社会に日本の大人の対応をアピールし、それ以上刺激せずに打開策を探り続ける、今のところ日本政府はそれができています。それは弱腰ではないです。
国内のタカ派には言わせておけばよいと思います。やられたらやり返せ、と言う人は、現実に戦争になった状況を想像できないのでしょう。平和ボケです。
あるいは、戦争になることで利益を得るのでしょう。
また、戦争?なるわけないでしょ、と思ってる呑気な人も日本にはたくさんいます。
よーこさんと同じく、現在は危機的状況にあり、今が戦争を防ぐターニングポイントだと私も感じます。その認識が広まり、戦争をしない、させない、と明言する日本人が増えることを願います。
Posted by しまりす at 2013年01月02日 03:05
絶対に戦争は駄目だ!という理念に共感します。
ただその理念を単純に盲信すると、「日本は今が狙い時だな」と逆に中国を刺激することにもなりえます。
日本は領土を奪われても反撃しない、奪い返しに行かない、というメッセージになりますからね。
「絶対戦争しないための武装と反撃」という一見矛盾した姿勢が本当に平和な未来のためには必須なのかもしれません。
理念の純粋さこそが時にその理念の実現を遠ざける、という皮肉な現実を直視したいと思います。
Posted by ピース at 2013年01月02日 04:29
あなたの理論通りに進めたら日本は消えてしまいますよ、
多分「消えても崇高な理念は永久に残る」と言うんでしょうね
、いえいえ「理想と現実を取り違えて消滅した日本という国が
あった」という教訓が残るでしょう。

平和主義を日本で語る価値はありません、日本人の誰もが戦争
の悲惨さを理解しています。中国で語ってください、日本との
戦争を肯定する人が80%を超える国ですよ。
譲歩しない限り、どんなにうまく外交交渉をやっても無理です
、尖閣の共同管理をするんですか?

わがままで何でも欲しいと駄々をこねる子供にどうやってまとも
な子にさせますか?
言うべき事は言う、どうしても判らない時は、おしりを叩くしか
無いんです。
Posted by 愛国者 at 2013年01月02日 14:42
【坂之上 洋子】  経営コンサルタント 夫は中国系米国人
http://www.kamonohashi-project.net/about/img/pic_thanks_07.jpg
「中国のことを何も知らない人、ネットでの知識しかない人たちが
中国のことをことさら恐怖に感じている」
「日本は悪い子どもを許容する親のようなそんな大人の国に」

↑ネットの知識じゃなく、実際に日本企業の店舗を壊されたり、
店舗の商品盗まれたり、取られたりしてるじゃないか!
領海にも何回も侵入してるし、
これで恐怖を感じなかったら、何なんだよ。

中国のチベット人虐殺のことも言わないで、
日本批判、ふざけるな!
Posted by 坂之上 洋子ってアホだろ at 2013年01月02日 17:00
NHKの放送をリアルタイムで観ることができなかったので、
先ほど約1日遅れで録画で拝見しました。
確かに外交の専門家やリアリストに囲まれた中で、「平和
を唱えていれば何とかなる」平和ボケに見えてしまう、
そのように観た方もあったことについては、ここの他の方々
のコメントを見てもわかります。
しかし、私から見ればそのように批判する方々が言われる
中国の拡張主義という名の「リアリズム」も五十歩百歩で、
戦争ボケでしかありません。
番組のスタンスがはじめから、中国の出方に今後の日本は
どう対抗するのかというスタンスなので困ったものですが、
私が思うところは孫崎さんの意見に近く、そもそも、
尖閣諸島の「危機」は日本政府が対応を誤ったことに
より作られた危機であるという認識です。
中国(政府)の意図を悪意をもってあげつらう前に、日本
は棚上げ論でもって大人の対応をして、事態を平和的に
収めるべきであったと考えます。
感情論を煽って真の国益を見誤ってはならない。
これは日本が相手に向かって言う前に、わがふりを振り
返って考えるべきことでしょう。


Posted by 原 文次郎 at 2013年01月02日 21:44
↑の人は、バカ

>中国(政府)の意図を悪意をもってあげつらう前に、日本
は棚上げ論でもって大人の対応をして、事態を平和的に
収めるべきであったと考えます。
感情論を煽って真の国益を見誤ってはならない。
これは日本が相手に向かって言う前に、わがふりを振り
返って考えるべきことでしょう。


そういうのは中国に言えよ
Posted by ↑バカ at 2013年01月02日 22:37
そもそも日本は大人の対応してるだろ。

日本は、60年以上、戦争もしていない。

中国はチベットなど戦争行為を起こしてきたじゃないか。
韓国もベトナム戦争やってたし。

坂之上氏や坂之上氏を援護してるって、
こういうの無視してるんだな。
Posted by そもそも at 2013年01月02日 22:46
番組拝見しました。

TVの収録は途轍もない時間がかかる割には言いたいことも言えず、言えてたとしても、カットされることもあり、
ストレスもきっと感じられたと思いますが、現場のリアルな体験を持った坂之上さんのような方にこそもっと出て欲しいと思いました。アメリカの若者が多く死んでいったとしてもメディアは多くを語らず、尖閣諸島のデモの最中、日本人が安全に暮らせた事実など、そういった実際とメディアで語られることの温度差のようなものを私も少なからず感じています。今、多くの日本の若者が中国人やその他の外国人に対し不信感を抱いているとしたら、その責任の多くは、メディアにあるのかもしれません。もっと多くの若者が外に出て自分の目で耳で感じることができたら、それが容易な教育システムや社会が実現したら、もう少しメディアで語られる部分を差し引いて事実と結びつけていけるのではないでしょうか...。

Posted by Noriko DIOP at 2013年01月02日 23:35
デモの時、「何も無かったし、何も起きなかった、恐怖は全然感じなかった」
えっ、デモの時、在中日本人は皆 恐怖を感じていましたよ。その時の書き込みを紹介します。

中国からアクセスしています。こちらは大変な騒ぎです、もはやデモではなくテロです。
家族を日本に帰国させる人が増えています。妻も「こんな国にはいられない。一日でも早く日本に帰る」と言っているので帰国させることにしました。
心配なのは小さい子供にとってトラウマになることです。日本人の子供の間では「中国は恐ろしい国、中国人は悪い人」と言われています。うちの子に「中国人みんなが悪い人じゃないよ」と教えても、「中国人は悪い人だよ。乱暴だよ。泥棒だよ。」の一点張りです。もう絶対中国には来ないとも言ってます。妻でさえ「中国は最低の国、最低の民族。二度と中国には来ない」と言ってるくらいです。こんな国に家族を連れてきた自分が馬鹿だったと本当に思います。不安定な国だということを知りながら家族を連れてきた私が馬鹿だったと今しきりに反省しています。
デモ隊は「日本人は中国から出て行け」と叫んでいます。中国人に言われなくても出て行きたい。会社から帰国命令が出たらすぐにでもこんな国から出て行きます。
現在、中国から外国資本がぞくぞくと引き上げています。唯一中国への投資が増えたのは日本だけです。しかし今回の一件で日本資本の投資も減ることでしょう。
バブルがはじけ、不動産や株価は暴落、相次ぐ外国資本の撤退、改善されない格差社会、不満の捌け口にデモをやれば国際社会からさらに退かれる、もうどうしようもなく悪循環です。
中国経済は今後しばらくプラス成長するでしょうが、中国人が今のままでは中国に未来はありません。自分で創造することができないのですから。
私も本音は「こんな国、二度と来るもんか!」です。そう思ってる日本人は一人や二人ではありません。
Posted by 一般人 at 2013年01月03日 19:21
僕はピアニストの中村真というものです。はじめまして。
素晴らしいですね。知り合いがあなたのこのブログをフェイスブックで投稿しているのを読みました。
20世紀は資本主義の時代だったとするならば、21世紀は精神主義の時代が来るのではないかなと思っています。
経済ではなく、心が世界を動かしていくのではないか?そんな時代の到来の予感がします。
僕はテレビ等を見ないので、あなたの出演なさった番組は見ていませんが、公の場で勇気を持ってどんどんと発言なさっていって、そして啓蒙なさっていってください。
応援しています。いや、応援ではなく、僕は僕なりに同じ方向に向かって歩んでいきます。
Posted by mako. at 2013年01月04日 01:04
1
結局戦争はダメだと、お涙頂戴だけじゃないですか?
同じことをチベット人やウイグル人に言えますか?
ベトナムやフィリピンで何が起こっているか知ってますか?

あなたは泥棒が家の中に来て刃物振り回しても、泥棒にも言い分があり話し合えばなんとかなると言う人なんでしょうね?

この国は孫崎やあなたの様に共産党のスパイみたいなやつがウヨウヨいる。
あなたを批判するより犬HKを批判すべきなんだろうが、あほらしくて虚しくなる。
チベット人やウイグル人に謝罪して欲しい。
Posted by wes at 2013年01月04日 01:43
この人要りませんでした、岡本行夫と孫崎亨で中国問題の論議が進展する中で全く入っていけないんだもん。やっと発言しても人道論を感情的に言っただけ。
中国に詳しくて人命人権や人道問題にこだわりたいならチベットやウイグルの問題をやったらいいのに。あっ この話は家庭内では禁句ですね、NHKにも呼ばれなかったでしょう。
ここの書き込み見て、ホッとしました。中国の本質を見抜いている人が多くて、みんな日本の将来に危機感を持っている。NHKの国民洗脳工作も落日ですなあ。
Posted by goo at 2013年01月04日 17:30
5
坂上さん、はじめまして。
「世界とどう向き合うか?」を拝見しました。
わかりやすい言葉で、核心的なことをおしゃった坂上さんのご意見に100%賛成です!!

番組で興梠氏がおしゃっていましたが、日中・日韓の問題の根幹には中国米国の問題があり、その狭間に日本がいます。
極右の石原慎太郎氏がわざわざ渡米して、軍事企業と関係の深いヘリテージ財団で、尖閣諸島を買うと演説したことを忘れてはならないです。
アメリカは60兆円にも膨らんだ国防費を削減しなければいけませんが、その代わりに海外での市場を拡大しようとしていることは明白。
中国の防衛費は約10兆円、日本の防衛費は約5兆円。金持ちのアジア諸国を煽るほど、各国の国防費は増え、米軍事産業は利潤を享受します。
911事件からイラク戦争に突入した苦い経験からよく学び、煽りを上手く回避して平和外交を進めていかなければと思います。

今回TVに出演して、女性や母親の立場から発言してくださったことに心から感謝しています。
これからも日本のために世界のためにご活躍されますことを心より願っております。
どうもありがとうございました!
Posted by Yuki Wasabiya at 2013年01月04日 17:51
こんばんは。

番組は見られませんでしたが、ようこさんが望んでいることに強く共感しています。

私はよく言われる「9条死守」「自衛隊廃止」っていうような現実的でない平和論には同意出来ませんが、徹底的に外交戦略的に国際的な立場を構築した上で、日本がこれまでの世界にない形で、平和への第一歩を踏むことは可能なんじゃないかと思っています。

日本が戦争したら世界の多くの国が困る状況を作った上で領土問題を放棄し、国連総会かなんかで天皇陛下に「戦争放棄宣言」を堂々としてもらえたらどうなんだろう、なんてことを夢想したりしています。そんなことをした国はこれまでないわけで、インパクトは相当なもんだと思いますし。

「原爆投下」「原発事故」「領土問題放棄」「天皇陛下」っていう世界に対して説得力を持つキーワードを用いて、歴史上なかった平和のあり方を、日本が提示していけたらなあ、と思ったりしています。

やるには相当な覚悟がいりますがw


ようこさん、応援しています♪
Posted by ねこじたゴリラ at 2013年01月04日 21:19
↑の人 妄想と現実が一緒になっている、平和主義者ってこんな奴ばっか。
子供の討論会でもあるまいし、真面目に日本の事を考えろ、ったく。
Posted by sx3 at 2013年01月05日 11:23
今NHK見ました。そしてこのたくさんのコメント見ました。民放TVは「アメリカ」「大企業」「富裕層」のためにあるような感じです。あなたの、発言はNHKでしかできなかったと思います。新政権はNHK不祥事を大きくとりあげるでしょう。国民が真剣に自分のこととして、政治を考えることは、2001年からはぐらかされてきました。自分のこと、として国民が政治を考え、行動していくためには、あなたが必要です。国威にそぐわない「意見」を言う人として、TVには出れなくなるかもしれませんが、発言してください。でも、私にできることは・・・・・・・ 応援します。中傷にはめげないで!!!!!


Posted by 鈴木 at 2013年01月05日 11:38
中国のほうが酷い!

坂之上さんや、ここのコメントしてる人は、
これについてどう思うの??↓
戦争やりたいのは中国でしょ?


日本兵をやっつけろ! 
サバゲーを楽しめる抗日テーマパークが人気

【上海=河崎真澄】
中国人民解放軍の前身にあたる八路軍兵士に扮(ふん)して、
“日本兵”との戦闘シーンを演じる参加型
「抗日テーマパーク」が話題を呼んでいる。

1937年からの日中戦争に勝利した「英雄」
と教育されている中国共産党の八路軍。
その拠点があった山西省武郷県の太行山で、
2011年に開園した「八路軍文化園」だ。

昨年9月に日本政府による尖閣諸島国有化への抗議で
反日デモが広がったころから人気が出始め、
週末には家族連れも含め1日2000人以上が訪れるという。

園内ではまず、日本兵役のスタッフが
中国人にさまざまな危害を加えるパフォーマンスが演じられ、入場者の憎悪をあおる。
入場者はそれから八路軍の軍服を着てモデルガンを手にテーマパークを走り回り、市街戦で敵兵をやっつける。
いわば大人の戦争ごっこで、入場料は1人90元(約1250円)。60元の追加料金でゲリラ戦も体験可能だ。

 武郷県当局が観光振興のため開設、運営に当たる。「愛国教育基地」にも指定され、地元小学生らが訪れる「八路軍太行記念館」に近接している。
八路軍文化園も「共産党革命の精神を疑似体験できる」として“教育効果”をうたっているが、
一方で、「反日の気持ちを抱く入場者が増えており、戦闘シーンを楽しんで意気揚々と引き揚げていく」(関係者)という。

 八路軍は1949年の新中国成立後に人民解放軍元帥に上り詰めた朱徳らが指揮。45年には兵力90万人を擁したとされる。

産経新聞 1月5日(土)7時55分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130105-00000092-san-cn
Posted by 中国のほうが酷い! at 2013年01月05日 13:03
靖国神社放火とソウル日本大使館火炎瓶投込み犯人が韓国から中国に返されて英雄扱いだそうです。
放火犯というのは日本の法律では死刑に相当する重罪です。
そんな日本国の内政、法を無視して中韓の連携プレーを見たような気がしました。まさしくこれが日本を戦争に引きずり込む工作でありテロといいます。
日本政府は冷静に対処しています。挑発に乗らず立派だと思います。
以前台湾の友人数人に靖国神社の感想を聞いたことがあります。反応は「どの国にも戦死者を弔う'''お墓"はあるよ」でした。
これが中国、韓国との教育の違いです。他者を憎むことでしか自国をまとめられないという。
日本が戦争を起こすというプロパガンダに洗脳されている皆さん、もう戦前ではないのですよ。
Posted by イマジン at 2013年01月05日 14:40
5
元日の番組を強い共感を持って拝見し、いま孫犁冰さんのFBでこちらを知りうれしく拝読しました。勇気をもってのご出演に感謝します。ぼくも同じ隊列にいるつもりです。例えが良くないか(笑)。ともによい国を造っていきましょう。あなたのお嬢さんはじめ、次の世代のために。
Posted by 梁田貴之(やなだ・たかゆき) at 2013年01月05日 15:02
>梁田貴之(やなだ・たかゆき)
>ぼくも同じ隊列にいるつもりです。例えが良くないか(笑)。

結局は、戦争やりたいのはこいつらじゃないか?

言っていい例えじゃないだろ、アホ
Posted by ↑ at 2013年01月05日 17:09
ようこさん、はじめまして!
NHKの番組、全く同じ思いで拝見しました!
わたしの夫は西安出身の中国人で、日本在住、在勤、30年。
長年、日中関係を視て思ったことは、視点、価値観が違うと一つのことがまるで違って見えるということです。

初め私は、中国人が大嫌いでした。それは日本の視点で彼らを見ていたからです。
今、中国人が大好きになりました。一歩日本の外の視点で見てみるようになったからです。

例えば、夫はすぐに怒鳴るので、よく傷ついたものです。でも夫にしてみれば「日本人は感情が見えない。もっと素直に表現してほしい。」とのことで、実は同じことをアメリカ人の友人にも言われて、なるほどと思ったこと等です。この視点の転換が大切だと思います。

尖閣問題については、私たちは常に日本語、中国語、英語の報道を同時に見ています。中国の報道に偏りがあることは事実で、それは彼ら自身がよく理解してます。でも、日本の報道も結構偏っていると日本人の私でさえ感じます。
問題は、多くの人が日本の報道は自由だと信じていることです。

ようこさんの懸念していることに同感です。
つまり、実際に中国人と接して、彼らの意図を理解したうえで、「怖い」と感じるならばOKですが、メディアを見て相手の真意も知らないで、「怖い」と感じているのなら、NGです。
このメディアよる「恐怖」が戦争への「空気」を作るのだと思います。

どうぞ、黙ることなく発言し続けてください。応援しています。私も今年は行動に移していきたいと思っています。できることがあれば協力させてください。
Posted by wisdom at 2013年01月06日 13:25
>夫はすぐに怒鳴るのでよく傷ついたものです。
だって中国人だもん、中国人はキーボードをよく壊します、パソコンが思うように動かない時、キレてバーン!。

>中国人が大好きになりました、日本の外の視点で見てみるようになったからです。
中国人化したのでは?

>中国の報道に偏りがあることは事実で、それは彼ら自身がよく理解してます
偏りがあるって当たり前じゃん、大陸中国人が理解している?比較するソースも無いのにどうやって比較するの?彼ら、尖閣の日本の言い分なんて誰も知らないじゃないか。

>中国人と接して「怖い」と感じるならばOK。
は?お化けじゃあるまいし、でも野蛮だなあとは感じます。
ネット見たらマジに恐怖を感じるね、「東京大屠殺、日本人皆殺し、広島長崎だけでは足りないのか?」こんな書き込みが並びます。日本と戦争しても構わない中国人が80%超えていますからねえ、怖くないと言う方がおかしいでしょ。

>メディアを見て相手の真意も知らないで、怖いと感じているならNGです。
何でNG? 何かあった時に在中国日本人は何されるかわからんよ、人質にされる可能性だって十分ある、そういう国 中国は。

>つまり、メディアによる「恐怖」が戦争への「空気」を作るのだと思います。
え〜???、何言っているのこの人、南シナ海での犯罪歴の有る泥棒国家が日本の領土を盗もうとしているから鍵を閉めて警戒をしているんでしょ、もし手を出してきたらピシャリと手を叩かないとダメです、これ世界秩序の原則。

>私も今年は行動に移していきたいと思っています。
何するんですか?自衛隊の前で中国をイジメルなと抗議するんですか。
日本でやらずに中国でやってください、「戦争反対」って。(笑)呵呵
Posted by to wisdom at 2013年01月09日 23:11
5
番組を拝見し、「わけの分からない暴力的な子供に、大人は殴り返すのか?もう少し大人でありたい」と発言されていたのに感銘を受け、このブログまで辿り着きました。

イラク戦争のとき、反戦を訴えた少女が学校内で暴力を受け、校長まで暴力を支持した報道を見て、日本がこういう短絡的な国になって欲しくないと感じたのを思い出します。

好戦的な人間の批判には、無抵抗と反戦を同一視する向きがありますし、このブログにまで散見されるのには驚きますが、私は坂之上さんの考えと立ち位置に賛同します。
Posted by けいわん at 2013年01月11日 11:00
今日、ひさしぶりに、ブログを拝見しました。わー、これなに? すごい反響ですね〜。元旦には、テレビないし(あってもNHKが見れたかどうかわからんが)、ぜーんぜん知らなかったのだけど、一体何をどう発言したの? まあ、良くも悪くも反応が多くテンションが高いっていうのは、その課題が重要だってことで、よー子さんには、プラスだと思うよ。それだけ、よー子さんが言っていることを気にかけてくれるってことだから。何はともあれ、賛否両論はとても結構なこと。これからも、誰もが。熱くなる課題について発言続けてください。





Posted by kenkenmama at 2013年01月11日 15:18
>「わけの分からない暴力的な子供に、大人は殴り返すのか?もう少し大人でありたい」
- いいえ違います、「わけの分からない暴力的な子供の頭を持った大男に、ダメなものはダメとハッキリ言う、殴りかかってきたら自己防衛でピシャリと叩く。」
もう少し大人になりましょう。

>無抵抗と反戦を同一視する向きがありますし
- いいえ違います、無抵抗を装う反戦主義者も多くいます、無抵抗を装って中国共産党と繋がっている人も多くいます。組織は何らかの繋がりを持っているでしょう。

無抵抗、反戦では国は保てません、無法者が世界を征服します。
無法者に侵略された国では大量虐殺が起こります。
無抵抗ではイジメは無くなりません。
悪には正義の鉄拳が必要です。
Posted by to けいわん at 2013年01月13日 14:47
意外…

戦争肯定派の人が、いいとしこいてそんなに居るんですか?

唖然。

しかも自分で考えての話じゃなくて
「◯◯だっていってたよ」?

よーこさんのお友達って色々議論とかできるような自立した人ばかりを想像してたから余計に唖然。
Posted by まる at 2013年01月14日 16:39
ようこさん。はじめまして。

フェイスブックで友人がこちらのブログをシェアしてくれていて、たどりつきました。

こんなすばらしい記事をありがとうございます。
テレビはみれてないですが、
みたかったです。

わたし、この間の選挙で、
戦争しても、いいって想っている人が、
けっこういるのかもしれない・・という現実に、
愕然としてしまいました。

いのちって。そんなかんたんに、
誰かの手によって消されてもいいものじゃないはずです。
TVゲームとかみたいに、
一度しんでもいきかえるって訳にはいかない。
しんだらもう、その人にあえなくなるんです。
戦争を肯定している人たちは、
そのことわかってらっしゃるのかなぁ・・
わかってらっしゃるうえで、
こうていされているのかなぁ・・?
いのちは、とっても尊いものです。
まずは、いのちの尊さ。
想い出してほしいです・・。
Posted by ひよ at 2013年01月16日 06:56
だから言っているでしょ、軍治国家に侵略されたら虐殺が起こるんだって。戦争するよりもっと多く、もっと悲惨な事になるんだって。
Posted by chsix at 2013年01月17日 01:10
【中国】「東京大爆発」花火発売 「5000円で東京を爆破できるなら安いものだろう」と店主

 中国で9日から始まる春節(旧正月)の大型連休を控えた北京市で5日、祝日用の爆竹や花火の販売が解禁された。
市内では「釣魚島(尖閣諸島の中国名)を愛している」「東京大爆発」など沖縄・尖閣諸島問題に絡めた商品名の
花火や爆竹が店頭に並んだ。北京在住の日本人の間には懸念が広がりそうだ。

 市中心部の売店には「東京大爆発」「空母で国威を発揚せよ」などと書かれた花火のケースが棚に置かれ、
店主の男性は「340元(約5000円)で東京を爆破できるなら安いものだろう」と客を呼び込んでいた。

ソース サンスポ
http://www.sanspo.com/geino/news/20130206/sot13020605030000-n1.html
画像
http://www.sanspo.com/geino/images/20130206/sot13020605030000-p1.jpg
Posted by ちゅうごくはひどいね at 2013年02月07日 13:39
2
あなたは無限の高騰川が好きなため、この記事の下に生きているタゴール見いちゃつく英雄literarilyの非凡な才能杜監査院は、次の手段を尊重風から人々を参照するには全く顔を失わないことをいとわなければなりません。
Posted by グッチ 財布 新作 at 2013年07月06日 17:45