2013年10月26日

窪田良さん

なんでなんだか、私はいつもギリギリのラインで歩いてる人と意気投合してしまいます。。

どんな仕事をしてても、その中でなんだかギリギリまでやってしまう人間というのが少人数いて、あれも遺伝子なんでしょうかねぇ。苦笑

それでも、友人がほぼ全員

「あの。。あんた左側は崖です、崖と言うか。絶壁なんだけど!!!!どうすんの???」みたいな状況なので。

もっと穏やかな道を歩んでいる友人が欲しいよ。横でハラハラばかりしてたくないよ、と。苦笑


そんな折り、最近知り合った窪田良さん。お会いした時には失礼ながらあまり窪田さんがどういう方なのか知らず、シアトルからいらした医療関係の社長さんぐらいの認識でした。



第一印象、すごく感じの良い人と思いました。本当に仕事に関係ない話で盛り上がって、久しぶりに、そう久しぶりに穏やかな友人ができそうな気配が。

そう思っていたのに。。。穏やか、だと思ってたのに。。。


極めるひとほどあきっぽい (単行本・ムック) / 窪田良/著
極めるひとほどあきっぽい (単行本・ムック) / 窪田良/著

ぜんぜん違うじゃん!
超崖っぷちをひとり暴走してるじゃないですかっ!!!(; ̄Д ̄)


でもお会いした印象は、『世界を変えたいんだ!』って、そんな汗飛ばしてる感じでは全然なくて
淡々と、失明の患者さんたちを救いたいので、きちんとやっていきますという理系の人。
(学者として遺伝子発見してるし←これ実は世界的に凄いことなんですけど。。苦笑)

そして派手ではなく、とても誠実な感じです。

窪田良


明日27日TBSの夢の扉でテレビで窪田さんのドキュメンタリーがあるそうです。
予告のビデオのナレーターが偶然友人の小坂 由里子 さんでした。
私もまだ窪田さんのことをよく知らないので楽しみに見てみようと思ってます!
(でもやっぱり横が崖なのに、無視してギリギリなところを走ってる人なんだろうなぁ。。苦笑)



2013年10月27日放送 6:30〜

ナレーターは 向井 理世界の1億2000万人を“失明の危機”から救え!日本人トップイノベーターが挑む“不治の病”の治療薬開発ドリームメーカー:アメリカ・シアトル アキュセラ社 CEO/窪田良さん

『眼のアルツハイマー』と呼ばれ、誰もがかかる可能性のある眼の病気がある。
「加齢(かれい)黄斑(おうはん)変性(へんせい)症」。
年を取ると視界の中心が歪み始め、視力が低下、失明に至る可能性もある。
患者は、世界に推定1億2000万人もいるという“不治の病”だ。
その治療薬を世に送り出そうと、アメリカ西海岸シアトルで創薬ベンチャーを立ち上げ
奮闘する孤高の日本人眼科医がいる。窪田良。なんと、手軽に服用できる
飲み薬を開発し、世界中の人を失明の危機から救おうとしている。

新薬開発は、3万個のトライアルがあって成功は一つとされる究極のイノベーション。
大学院時代に緑内障の原因遺伝子を発見し、手術の腕前も
日本指折りと言われた窪田だが、そのキャリアも全て投げ打ち、
手持ち資金たった100万円で、創薬の世界に身を投じた。
誰もが、無謀だ、馬鹿げている、と彼を引き止めた・・。だが窪田は言う。
『研究者として病気の原因を明らかにしても、それで患者が救えるわけではない。
手術に臨んでも一回に救えるのは一人の患者だけ。その間にも、視力を失っていく
人がいる。一気に失明の危機を救うには、新薬開発しかなかったんです』

窪田が開発中の錠剤は、いま欧米での治験で最終段階を迎えている。
『這いつくばっても、失明の悲劇をなくしたい。そうして世界を変えたいんだ!』
それが窪田の口癖だ。世界的観点で新薬開発に挑む窪田の生き様を追った。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/tentenwang/51810771