2013年11月11日

ポスターが長く愛されている件

旦那が海外出張に行く時に、

成田空港によーこのつくったポスターがまだあったよ〜と写真を送ってくれました。
narita


これ、実は、2012年2月に3ヶ月の使用限定で、観光庁の為につくったものです。

でも、3ヶ月どころか、議員会館の入り口にも長い間、このポスター張ってもらってました。
誰が指示して貼ってくださったのかわらないのですが、1枚だけ、セキュリティのところにわざわざ、あってすごく目立っていて、なんとか写真とりたかったのですが、警備員に怒られましたw

そして驚いたことに改装された渋谷駅の新しいインフォメーションにも張られてる。
これ見た時にうれしくて泣きそうになりました。

渋谷駅インフォメーション




私が、木村先生の描いた横に泳いでた鯉をひっくり返して、上に向けよう、と言った時に、デザイナーの生駒くんが、「え。。。」って、言った顔を今でも覚えています。


みなさん、長く使って下さって本当にありがとうございます。


観光庁 特別ポスター「Japan, Rising Again. Thank you for your support.」

昨年の東日本大震災は、多くの悲しみを日本にもたらしました。

震災後、海外の皆さんからも大変多くの心のこもったメッセージや多くの御支援を頂きました。
「感謝」の気持ちは簡単な言葉では言いつくせません。

登龍門(とうりゅうもん)ということわざがあります。この言葉は、成功へ至るために乗り越えなければならない難しい関門のことを表しています。「鯉の滝登り」ともいわれ、鯉幟(こいのぼり)という日本にも残る風習の元にもなっています。

流れの急な龍門という河を登りきった鯉は龍になるという伝説になぞらえて、辰年を迎えた2012年、復興に向け登りきろうという心、そして海外の皆様のご支援への感謝を表したポスターです。

(総合監修:坂之上洋子、グラフィックデザイン:生駒浩平、アート:木村英輝)

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/tentenwang/51813821