2014年04月14日

韓国の書店で並んでる!!

編集者の友人の方々が続々と私の本が韓国で並んでる写真を送ってくれてました。

「市内で一番大きい書店「教保文庫」光化門店で面出しされていましたよ〜!春風が吹いてくる温かなStoryという特集のうちの一冊で並んでいました」とのこと。
ありがたいです。

実は私、韓国にはミーティングと乗り継ぎで2回しか行ったことなくて。。全然知らないところで、自分の本が売られているの見るの、なんだか感動。。


감사합니다!
내 책이 한국에서 판매하고 너무 기뻐요  
(↑google翻訳でお礼書いてみたw ちゃんと訳されてるかな。。)

IMG_7200
IMG_7201

present2



日本語版はこちら
【新品】【本】プレゼント 世界で1番大切なことの見つけかた 坂之上洋子/著 グレース・リー/絵
【新品】【本】プレゼント 世界で1番大切なことの見つけかた 坂之上洋子/著 グレース・リー/絵

忙しさにかまけて中国で売り込みしてないんだけど、やんなくちゃw
ひとり日中韓仲良し大作戦が今年の目標だから。もう4月だよ〜。。苦笑

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/tentenwang/51841939
この記事へのコメント
購入して読みました!!

私は東京に娘と夫と3人で暮らしています。70歳の母が一人で福島に住んでいて、これからどうやって母を大事にしていけばよいか悩んでいました。

母は福島に友人も沢山いて、東京に連れてきて友人と引き離すのはよくないし、でも年老いて一人暮らしで寂しいんじゃないかって悩んで悩んでました。

1歳半になる娘を産むまで疎遠にしてた母でしたが、娘に接する母を目の当たりにして『あんなに冷たかった母(父が浮気とDVして離婚して大変だったってのもありますが。)も私にこうしてあったかく子育てしてくれてたんだ。』という事に気づき、初めて親を大事にしなきゃと気づいたのですが、その仕方がわからなくて。

『プレゼント』を読んで大事なことに気づきました。母と一緒に住む選択肢はとれなくともなるべく沢山会いに行こうって思います。会いに行って時間を共有する。同じ空気を吸う事の大切さがわかりました。

疎遠にしてた時はサヨナラの時が来ることなんて意識していませんでしたが、こうして大事な人だと気づくとサヨナラまでの時間を大事にしたいと思いました。

ホント素敵な本をありがとうございます!!

Posted by ゆうこ at 2014年05月01日 15:35