2014年04月18日

北京で値切る

私は髪は日本で行きつけのおしゃれなとこで切るのですが、日本にいる時は予定が分刻みなので、なかなかトリートメントとかヘッドスパとかできません。

でも、外国人が行くようなところだと高いので(笑)今日は、ちょっとおしゃれな中国人が行く(でも外国人は怖くてあんまり行かないだろうな〜)って美容院に行ってきました。

↓散髪する子どもってどこでも可愛い
image



でね、まず値段の交渉する。笑

北京では、前払いでまとめて買うと安くなるの。
1回は400元でも、5回分買うと200元になる、とか、ね。

↓交渉相手の美容師さん
image


それはメニューに書いてあるんだけど、そんなの鵜呑みにしてたら駄目なの。

「だから〜、3000元買うから、1000元足してよ」←無茶
「だって気に入るかどうかわかんないもん」
「だから、いいから、めんどくさい事言わなくて。5回買うから、1回は無料ってことでいいよね」

おまえは、大阪のおばちゃんか!みたいな交渉で、めちゃくちゃ安くヘッドスパしてきました。笑


↓アシスタントの髪型がちょっと怖いよね(笑)
お昼ご飯食べてないって言ったら、プチトマトだしてくれました。

image




郷に入れば、じゃないけど、中国人向けの店だとどこでも値切っちゃう。
値切るコツはギリギリまでやらないこと。ゲームなのよ。
まぁ、慣れないときは、楽しそうにやるといいと思う。
最終的には店の人と知り合う、仲良くなる、というのが落としどころと決めると上手くいきます。

そして、好きな店には通い続けてたら、値切らなくても最低価格そのまま出してくれるようになるって感じですw





この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/tentenwang/51842416