2014年04月20日

ブッダの言葉に打ちのめされる

最近読んでいる小池龍之介さんのブッタの言葉が面白い。
その中で経集728の
気持ちの良さの依存から苦しみが生まれる、というブッダの言葉にごつん、とあたった。

IMG_7153



ーーーーーーーーーーーーーーーーー

ありとあらゆる苦しみは、何かに依存する事をきっかけにしておこる

例えば、「好きな人に優してしてもらうということの気持ちよさに依存する」
少しでも優しくないと感じる度に苦しみが生まれ相手との関係が邪悪になる。


あるいは「仕事で目的を達成するうれしさ」に依存すると、達成した瞬間の快感がさーっとひいた後に空しさという苦しみが生じる。

依存症になる対象をつくる愚か者は、とっかえひっかえ別のものに依存しては脳内麻痺を分泌し、自分から苦しみに近づいていく。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

おおおおおおおおおおおおおお。と思ったw

どうしよう。
私は完全に仕事に依存してるかも。。。苦笑

今、仕事がすっごく楽しい。そこに何も悪いところはないと思っていたし、むなしさも感じてないどころか、楽しい、楽しいって思っていた。
でも、こんなに仕事するの好きなのは、依存なのかもな。と思う。


「好きな人に優してしてもらうということの気持ちよさに依存する」少しでも優しくないと感じる度に苦しみが生まれ相手との関係が邪悪になる。

というのは、恋愛だけでなく人間関係全部に言えることですよね。

気をつけなくちゃ。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/tentenwang/51842734