2014年05月04日

仕事の醍醐味

昨年は観光庁のクリェイティブアドバイザーを観光庁長官から任命され怒濤の1年を過ごしました
アドバイザー続けて下さいというオファーは頂いたのですが、他の仕事も兼任で、もうやりきった感も(苦笑)ありましたし、また個別面白い案件あれば、プロジェクトベースでってことに。

あぁ、でも思い出すと観光庁、本当に楽しかったな。

フランス人映像ディレクターアレックスカーさんとつくったフランスで行われた動画投稿コンペ用。
これね、本当に二日の撮影で、全員ボランティアなんですよね。音楽も作曲家の江口 貴勅さん、他の仕事の〆切があるのに徹夜で音つくってくれた。

日本人に会いに来て。日本の観光で一番素敵なのは、日本人に出会うことだよ。ってコンセプト。笑これは、え???建物でも食でも文化遺産でもなく、人? って、世界の観光業界の中では結構評価されたんですよ。

ある事情で、急遽必要になったビデオ。極寒の中たった二日の撮影。編集二日でつくった。アレックスさんがよく私の無茶振りを受け止めてくれた。としみじみ思う。。



私は、おばあちゃんになってリタイアしたら、昔一緒に仕事したことのある人たちが、「よーこさん、きたよ〜」って、家に嬉しそうに尋ねてきてくれる。
そんな感じを理想のイメージして、仕事してるの。

仕事すると、たいがいは、うまくいかないでしょう?笑
うまくいかない時に一緒にいて、「どうしよう」というのは、その時に一緒にいた人達どうしでないと解決、構築できない。そういう緊迫した状態で、それを皆で知恵絞って解決する時にできる人との信頼関係が、仕事の醍醐味で。

私ね、プロジェクトはどんなにマジメで大きなことでも、「大人の文化祭ぐらい」と思ってる。だから、ぶつかっても、滞っても、どこか楽しいし面白がってる。

全ては、そのあとに残る人間関係、それが財産だと思ってるんだよね。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/tentenwang/51844949