2014年05月10日

休眠口座のパネルディスカッション&懇親会のお誘い

子どもの頃にいれて忘れていた、数千円だからもう取り出しにいかない等、10年以上放置されている預金が毎年800億円あると言われています。もちろん申告すればその後もいつでも取り出し可能です。

しかしそのまま埋もれてしまうお金は現在は銀行の利益に計上されています。

そこでその一部をNPOや奨学金のためにつかえないか、(イギリス等、海外ではそのように社会貢献基金として使われている例も参考にしながら)ずっと議論してきました。

そして今回とうとう、超党派での議連ができました!

それについてのパネルディスカッションいたしますので是非いらして下さい。
私も司会します。ゆるい感じの懇親会あります。私も会場にいますので、気軽に声かけてね〜是非いらして下さいませ〜

申し込みはこちら。【5/21(水)】休眠預金活用推進議連 創設記念フォーラム
〜休眠預金が創造する新たな共助社会〜〜


日時:5月21日(水) 18時〜19時半 (19時半から希望者のみの立食懇親会あり)
場所:日本財団(東京都港区赤坂1-2-2 日本財団ビル)
費用:無料(懇親会は1人1,000円予定)
定員数:100名程度
■こちらからお申し込みください■ http://goo.gl/iSWcXR

内容:
 ・司会
  ・坂之上洋子(作家・経営ストラテジスト)
 ・基調講演
  ・「休眠預金の社会的活用の構想(仮)」山本ともひろ衆議院議員
 ・パネルディスカッション
  ・コーディネーター:鵜尾雅隆(日本ファンドレイジング協会)
  ・パネリスト:駒崎弘樹(フローレンス)・深尾昌峰氏(京都地域創造基金)・谷合正明議員(公明党)・民主党議員(調整中)・柿沢未途議員(結いの党)・みんなの党議員(調整中)

休眠口座について考えるサイト休眠口座

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/tentenwang/51845856