2014年06月13日

AV監督の書いた恋愛の哲学本

「私の言ってる事と角度は違うけど、ほぼ同じ」、「いい本だよ」と数人の友人に言われて興味があった本、とうとう飛行機の中で読みました。

恋とセックスで幸せになる秘密
恋とセックスで幸せになる秘密

著者はAV監督の二村ヒトシさん。で、どんなにエロいことが書いてあるんだろう、とドキドキしましたが(笑)実にしみじみ、いい本でしたね。たぶん二村さん辛いこじれた恋愛関係もつ女子を沢山みてきたんでしょうね。

『なぜ人は恋に落ちるのか』という問いに、

それはあなたが子どもの時に親や育てられた人から心に穴をあけられていて
その穴を埋めるため。
好きになる相手がその穴を刺激してしまったのだという解説が衝撃的。

そんなことはないでしょう、と思ったのだけれど、考えてみればおもいあたる節もある。
そして恋は、最終的には、自分の穴をみつめないといけなくなるから、苦しいのだ、と。


また、料理を(自分が好き)でつくりたくて、つくるのはいいけど
料理ができるということをつかって相手を惹き付けてははいけない。
自分がやることすべて、自分が好きだからやる。それを相手を引き止めておく(えさ)にしてはいけない
という女子が陥りがちな重要なことなど。

そして彼が幸せになる為に、一番大事だと書いてあるのは、私も自分の本でいい続けている「自己肯定」
あいている穴を(誰かによって)ふさごうとするのではなく、自分でゆるす。
なかなか難しいのだけど。

そう。辛いけど、彼はそれを埋めてくれない。どんなにあなたを好きでいてくれても。
自分がそれに気がついて自分でその部分をちゃんとしないと苦しい恋を繰り返してしまう。


恋愛が上手くいってない女子に、かなりおすすめ。


追加情報

本編内容は同じですが、タイトルが変わっていて、対談が2つ追加されています。値段も安いのでかうならこっちがおすすめです。







13

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/tentenwang/51851167