2015年05月11日

年を重ねるたびに素敵なことが起きる

年を重ねると、ね。
昔コンプレックスだったことが、どうでもよくなるんですよ。

大人にしかできない仕事のこなし方があって、それが嫌味でなくなるし。
大変なことあっても経験があるから少々のことはカバーできる。

辛いこと、もちろんたくさんあるんですが。
でも、たぶん誰かが支えてくれるぐらい、たくさんの誰かを支えてきた。


みじめだったり、恥ずかしいことも
受け止めることができるような筋肉がついてる。

そして、ほんとうの意味で綺麗でいるためには、背中を鍛えること、と。顔がくしゃくしゃになるくらい笑った回数だって知ってる。笑

些細な良いことを思いっきり受けとめて、ありがたがって、ちゃんと、ちょこちょこ幸せな気分になれる力は、年を重ねてはじめて、自然にできるようになるんだと思う。
人と比べて焦ったり悩んだり競ったり、は若い時の特権で。
まぁ、それがあるから伸びるんだけどね。


年とるとそんなの、どうでもよくなるw
自分が心地よいと感じる人といればいいだけ。


そんな感じでいると年とるたびに、素敵な場面が増えてく。

頑張ったり失敗したり、傷ついたり。そんなことが蓄えられて身について成長したんだから、あたりまえといえばあたりまえかもしれないけれど。

貯金にいつの間にか利息がついてる感じで 、友人たちとも会話にも、ウィットと重みがでてくる。たぶん若い時にそんなかっこよくは、できなかった。


そんな感じでいると、毎日甘かったり、せつなかったり、感動するような小さなきゅん、きゅんとするような素敵なことがプレゼントのように降ってくるの。
だから、若い時と違って今の方が断然に楽しい。

なんかあんまりまわりで誰もそう言ってないんで、言ってみたw



( ´ ▽ ` )ノ


image

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/tentenwang/51901338
この記事へのコメント
Twitterであなたの本の一部の画像を見て感動というか勇気もらいました!

私は20歳で2年お付き合いしている同い年の男性がいます。その人はてんかんという病気で車を運転しているときに発作がでてしまい事故を起こし車の運転ができなくなりました。他にも階段降りるときに発作がでて階段から落ち頭から大量に出血したこともありました。

私が病気をしったのは付き合って半年のことでした。
それまでは薬を飲んでいたため発作はでず当たり前のようにそのことは知りませんでした。

知ってからはいつ発作がきてもおかしくないと不安で不安で今日までやってきました。
彼のことは大好きで来年に籍を入れたいなと考えています。

そんなときにあなたの相手がもし明日事故にあって動けなくなったらの文章をみて涙が止まりませんでした。
私はこの2年間彼の苦しむ姿を見てきて死んでもおかしくない事故を起こしても奇跡的いまこうして側にいれているありがたみを感じながら生活していますが、正直どん底に落ちたこともありました。それでも彼の支えになりたいと頑張ってきたつもりです。

こんな私でも幸せになれるでしょうか?
Posted by まい at 2015年05月13日 02:30
よーこさん

素敵なブログです、、、が、まだお若いですよ。
よーこさん、まだまだ歳をとってません(笑)。

私くらいにならないと、、、、。



Posted by 岸本周平 at 2015年05月17日 08:58