2015年05月28日

13版、決まりました!結婚のずっと前

編集の米田さんが、またよ〜こさんの本がアマゾンの恋愛論ランキングで1位になって売り切れてる!Σ(゚д゚;)と連絡くれました。5年前にだしたのに、今だに1位とか最新刊中心の売れ行きのなかで、こんなにも長く売れているのは、本当に稀有です。びっくりしてます。って。

そんな嬉しい悲鳴頂いたら、今日はまた重版かかりました、って。
13版。


私としても、なんでこんなに売れ続けてるんだろうと、久しぶりに読み返してみました。

そしたら、結婚の話なのに、「ひとり」「どうひとりで強くいられるか」 ってことについて延々と書いてた。

IMG_9179



ひとり、って、重要。
すごくへんなのですが、自分がひとりで立つことができたら、そこでちゃんと相手との関係が築ける。
そういうことを書いています。


あと、放置力。

=====================

いつもいいことばかりじゃないよね?
でも闇に落ちると
なんにも見えなくなるでしょ?

だから相手が落ちそうになったら
二人で落ちちゃいけない

落ちるならひとりで落ちてもらう

わたしはここで待ってるから
ここに上がってきて
自分の力で上がってきてって
言うのよ。

=====================


これなんか、落ちるならあなただけ落ちろ、って女子的には、斬新じゃない?笑

「一人で上ってこい」って。まったく助けてないしw 苦笑

でもね、そこで相手が苦しんでるのにほっておく。彼が自分でやれるまでじっと信じて待つ。
そういうのってけっこう胆力いるんだよね。

女は、ついできること全部してあげたくなる。世話焼いてしまう人が多い。
相手は最初すごく喜ぶんだけど。。うん.....
でも、それはある程度までは、していいのだけど、母親みたいに全部世話しちゃいけないんだよね。


相手の力を信じてあげる。
同時に大事なのが、自分の(してあげること)で自分の価値をだしちゃいけない気がする。

本当は、そこに(いる)だけで、それでいいんじゃないかと思う。
う〜ん。むつしいよね。

あと、人それぞれで、その人その人の価値観やバックグランドがあるので、違うとか思われる方もたくさんいらっしゃるかもしれないけど、私は夫婦別会計はしない派です。

だって財務諸表見せあわずにM&A一緒になる会社一社もないですから。でも、自分たちは、M&Aじゃなくて、提携なの、だから見せないっていうのなら、それはそれでいいと思う。


まぁ、こんな風に、普段ビジネスの戦略立ててるので、一見可愛い本だと思うのですが。。。
開けたら、いきなり、「違うと思う相手と別れろ」、とかw 「結婚する相手を選ぶときに、相手が自分に何してくれたか、じゃなくて、相手が社会的に弱い人にいつもどう接してるかちゃんと目を開けてみること」とか。まったく甘くない、とこがうけてるのかもしれないなぁ、と。

違うかな? まぁ、どこが良かったのか、ほんとうのところ、著者自身にはよくわからないです。笑

読んでくれて、ありがとう。



追伸
読んだ感想、このエントリにコメント下さると嬉しいです。書き込んだ後1日後に反映されます。(スパム対策で、すぐに反映されないの、ごめんね)


結婚のずっと前 [ 坂之上洋子 ]
結婚のずっと前 [ 坂之上洋子 ]



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/tentenwang/51903896
この記事へのコメント
5
19歳の男ですが読まさせていただきました。自分自身、恋人と別れた後にこの本に出逢いとても助けられた覚えが有ります。
この本を買って1年は経つと思うのですが未だに読むと勉強させられます。
恋愛だと特に夢中になって周りが見えなくなるのでその都度読んでは落ち着くようにしてます。
とても深い本をありがとうございます!
Posted by ぼのぼの at 2015年05月28日 09:15
初めまして。
この本が大好きです。
初めて、本屋さんで見つけた時は
元彼と別れなきゃいけない状況で
本当に病んでいる時でした。
違うと思ったら、別れる
すごく響きました。
どこかで違和感を感じていても
どうしよ…と、ずっともやもや。
しっかり元彼と別れてから
すぐに今の旦那さんに出会いました。
不思議過ぎる、出会い。
しかも、理想通り。

もやもやした時には
ボロボロになった
この本を必ず読み返します。
仕事でも、家族のことでも。
全てに当てはまる!
本当にすごい本です。
この本に出会えて
本当によかったです。

友達が悩んでいる時には
必ずこの本を貸したり
プレゼントしたりしています。
どんな女子にも響きます。笑


Posted by ももみ at 2015年05月28日 10:20
5
坂之上さん、はじめまして。こんにちは。
結婚のずっと前、この本は、夫とつきあっている時に書店で目に止まり、購入しました。
少し立ち読みして、パラパラめくっていると、色んな言葉がすっと身体に入ってきて、あの頃の自分に必要だった言葉もあって、支えられました。
言葉と余白、素敵な写真のバランスが、とても好きです。
今の自分にも気づきがあって、時々読んだり、ただ眺めていたりして、大切な本となっています。
感謝しています。
Posted by アンパンマン at 2015年05月28日 11:02
5
はじめまして。
お正月にハフィントンポストでようこさんを知り、
ご著書3冊とブログ、ツィッターをできる限りすべて読んでいます。

ようこさんの言葉で思い詰めていた状況から客観的になれるような気がします。

最近読んでいるアドラーやちきりんさんの本も好きですが、
ようこさんのご本はさらに言葉と装丁が洗練されていて女性に身近に感じられるところが好きです。

プラ子さんとの散歩会などイベントでお会いできたら嬉しいです。
Posted by やみぃ at 2015年05月28日 11:29
5
わたしも大好きな、大切な〆です。
手に取ったのは表紙の装飾があまりに綺麗ででした。
でも、ページをめくるたびに 一つ一つの言葉や問いに、自分の気持ちを再確認できて 思い留まらせてもらえたコトも多々。笑

いまは、音信不通の後 どーしてよいかわからない宙ぶらりんな状態。
もう‥ 最初から読んで、わたしらしい恋愛をし直す準備をしようと思います♡

今年になって しあわせになってもらいたいお友達⊃佑紡りました。
どんな立場でも、女性ならぜひ手に取って欲しい〆です。
もう〆、予備で買おうかな。笑

重版 おめでとうございます♡
Posted by みらく at 2015年05月28日 16:41
5
この本の一言ひとことに、どれだけ支えられたかわかりません。
普段、本は読み終えたら売る派なのですが、この本とpresent、犬も歩けば英語にあたる はいつも枕元において何度も読み返しています。

私の勝手な自論ですが、、
この本のステキなところは、人が誰しも持っていて、でも人前では見せられない弱い部分に触れている点だと思います。飾らない、ようこさんの言葉に何度も励まされました。
Posted by Kurumi at 2015年05月28日 17:52
はじめまして。
何年か前にPRESENTを購入し、結婚のずっとも読みたい!と思い、本屋さんをめぐりました。
読んでから、そのときに合った色々な言葉を拾っては呪文のように唱え、心を落ち着かせています♪

ちょうど、この本の言葉と母の言葉が重なり、離れて一人暮らしをしている私にとっても響きました。

本当に、素敵な本をありがとうございます。
Posted by Kana at 2015年05月28日 21:32

初めまして。
四年前に結婚を約束した人と別れて間もなく、この本に出会いました。

喧嘩するときに、ちゃんと建設的であるかどうか、それを判断した上でしなさい。って言うことだったり、

丁度よーこさんが抜粋していた、ページは、
今の旦那さんとの関係を築き始める時から、ずっと、肝に銘じていたページです。
確かに、内容は甘くないんですが、依存するな! まず、自立した一人間、女であれ、って言ってくれてるようで、私は大好きなんです。
大親友に誕生日プレゼントしたんですが、やっぱり、旦那さんとの関係だとか、会社での事とかで、カァーッとなった時などに読むと、冷静になる為に読むんだって言ってました笑 でも、その気持ち良く分かる。

で、この本にどっぷりハマったので、プレゼントも購入させていただいたんです。
…そろそろ、新しいよーこさんのメッセージ集、読みたいなぁ…♡

これから母になる私に(現在妊娠中)
これから子育てできっとパンパンになっちゃう私が、ちゃんと冷静に子育てと向き合えるような言葉も欲しいなって。
思います。

Posted by いづみ at 2015年05月29日 01:28
5
タイトルが気になったのと美しい本やなぁと手にとったのが出会いのきっかけです。私自身既に結婚はしていたものの、パラパラとめくって飛び込んできた言葉たちが細胞の奥に染み込んでくる感覚で即購入。きっとおばぁちゃんになっても色褪せない、一生の本やと思います。
大切な人から相談を受け、かける言葉が見つからない時に、こちらの本を贈ったことがあります。その子もふとした時に開いてくれてるみたいです。
Posted by てるこ at 2015年05月29日 16:25
この本に出会って、
私は私と向き合えるようになりました。
彼との絆を育むバイブルになりました。

自分の気持ちや、足元にある大事なことが、なぜか、読んでいると見えてくる。
よーこさんの言葉なのに、
自分に出会える本になりました。

なぜだか分からないけど、
琴線にそっと触れられるような、
自分も、人も、生きていることも、愛しいと思える宝物のように思っています。


そんな言葉をつむぎだせるよーこさんを、尊敬する気持ちと、なんとなく身近に好きだなと慕う気持ちで、
いつもブログを読んでいます。

たくさんの人が、同じように、きっと、救われたり、元気づけられたりしている。

わたしは、何かができるわけではないけど、
愛したり、大切にすることが、
ちゃんとできる人でいたいなと思います。


これからもずっと大切にします。
Posted by もも at 2015年05月29日 23:35
よーこさん初めまして。
32歳。4歳と1歳の2人の男の子を子育て中です。
「結婚のずっと前」も「PRESENT」も私にとって大切な本になりました。

子育ても仕事も価値観も色々な選択肢がある幸せの中で、
迷ったり自分の気持ちや選択に自信がなくなりそうな時。

「凛と ひとりになれるって 強さ」

は私の座右の銘になっています。

恋愛のずっと後に買ったけれど。
ひとりで立つ強さをくれる、背中を押してくれる
自然にふっと笑みが出る様な沢山の言葉をありがとうございました。

これからもブログ・Twitter楽しみにしています。
Posted by aki at 2015年05月30日 00:01
5
この本は仲良い友達同士の中で恋愛の教科書だ!と話題になり購入しました。当時大好きだった彼と別れ辛い時間を過ごしていましたが、一人になる時間の大切さや結婚に向けてどう動こうか暗闇だったものがスッキリした気がしました!
恋愛で迷ってる人にオススメしています(^^)いつもブログ読んで元気もらってます。ありがとうございます。
ようこさんの世界観が好きです。
Posted by そら at 2015年05月30日 09:39
4
数年前にこの本に出会いました。
ずーっと大切に持っています。自立しているつもりでしたが
彼ができたとたん、自分の感情がバランスを保てなくなる事もしばしば。
相手との距離感をとるのが、まだまだ苦手。

放置力 

これすごく大事なんですね。
なかなか難しい。
Posted by chika at 2015年05月30日 12:18
5
こちらにもコメントさせて頂きますね!

この本に偶然本屋で出会ってから、ほんとにほんとにとってもとっても助けられてます!
何度も何度も読み返したくなる初めての本です!!
この本に出会えた私は幸運でした♪

ありがとうございます!!


















Posted by まりもふらわー at 2015年05月31日 15:56
5
結婚のずっと前、本屋で一目惚れしたのは去年の11月。しかしそのときはお金が足りなくて買えず、、、。
帰宅後もしばらく詩の言葉を頭で反芻していました。
そして先日、ぶらっと立ち寄った違う書店でまさかの再会。迷うことなく購入しました。

買ってよかった。今は心から思います。今まで彼氏というものに出会ったことのない22歳の私は就活の苦戦も重なって不安定になり、私に合う「縁」なんてないんじゃないのかと周りの彼氏持ちの友達をみては焦っていました。しかし洋子さんの言葉に一人で凛と立つ「美しさ」を教えていただきました。

もてる、もてない、などの安易な基準で自分を測るのではなく、自分だけの女性としての「美しさ」を見つけたいし、自分をちゃんと認めてあげたいなと思いました。

自分はブスだから、性格悪いから、だめだから、ではなく、いいところも見つけたいと思います。
そうして自分なりに自信を持って立ち上がってから運命の人や場所との出会いを楽しみに待とうと思います。

素敵な本との出会いに感謝です。

Posted by まきこ at 2015年06月01日 01:54
友人から誕生日プレゼントで頂きました。
今国際恋愛をしており、相手との価値観の違いでイライラしたり、他の人からの視線や親の考えなど壁はありますが、やっぱり相手が愛おしいなぁ〜と日々思いながら過ごしているものです。
本の中に書いてある通り、who you are が本当に大事ですね。

この本が好き過ぎて、留学先に一緒に持って行き、遠距離恋愛がしんどいときはこれを読んでました。そして、好き過ぎる本なので、大好きな日本人の友人にあげて帰ってきました(笑)誕生日プレゼントで人から頂いた物なのにあげてきちゃいました。
今、この本は彼女の支えになっているかと思います。

これからも、応援しています。素敵な本を作って頂き有難うございました。
Posted by キタムラ at 2015年06月01日 09:19
ウチの奥さんは徹底した「落ちるならあなただけ落ちろ わたしはここで待ってるから」派です。最初やられたときはなんて冷酷な人なんだと怒り心頭に達しましたが、この本を読んで、ああ、そういう心持ちでやってるんだとわかりました。
Posted by いちる at 2015年06月01日 14:03
はじめまして。20代前半の女です。
私は、今も昔もあまり結婚願望が無いのでこのタイトルの本を手に取ることに若干勇気がいったのですがw、装丁にひかれてパラパラとめくってみると、結婚というよりも、自立について書いてあるように思えて、そこにぐっときて購入しました。presentと一緒に、今も本棚に並んでいます。
Posted by masuda at 2015年06月02日 00:48
5
今、海外にいます。好きな人がかつて、よーこさんが住んでいた地にいて。

まさか、あの時、本を読んでいた時は自分がここに来ることになるとは思いませんでした。
長く想い続けた恋の答えが知りたくてここに来たけど叶わなかった。でも、前に進むためにここに来たから静かに受け止めています。

よーこさんが選んだページのことばは今まさに自分に必要なことばで、ひとりになれる強さを今、試されているのかもしれません。

そこにいるだけで、いい。相手の力を信じること。
これから、また踏み出すとき、迷うとき、心のどこかに置いておきます。
Posted by Ringo at 2015年06月02日 13:37
5
この本に出会えて、私はこの3年半乗り越えられました。
すごくすごく辛い出来事があって、
自暴自棄になって、
でも幸せになりたくてもがいてるときに、

何度も何度も読み返しました。

心がすっと楽になって、本に寄り添ってもらえてるような気分になれました。

おかげで違うと思う人とは自然に距離をおくようになり、
なんでわかってくれないんだろうともがいてたころより、いろんなことが見えてクリアになって、
自分自身開放できました★

恋人でも友達でも、自分が変化するように相手も変化していて、
だから無理に波長合わせることなんかしなくて、
今の私が自然と人間関係を整理できるようになったのも、本の言葉が気づかせてくれたおかげです。

今、最高に幸せです☆
最高に素敵な人と過ごすことができてるのも、
あのとき一人でいることの意味がわかったからだと思います。
今が一番いいって言えるって、
ほんとに幸せなことですね★
Posted by saya at 2015年06月02日 16:16
重刷おめでとうございます。

今、海外のとある国に住んでいますが、人生の底にいた時にこの本に出会い、一つ一つの言葉に救われてきました。今も辛い時、自分の道が分からなくなった時、いつもこの本を読んで勇気をもらいます。

今はまだ書かれているような自分には全然なれていないけれど、それでも毎日一歩ずつ、少しずつでいいから、こんな自分になれるようにと思って毎日を過ごしています。

いつか、本当に幸せ!と心から言えるようになって、ようこさんに逢いに行くのが私の夢の一つです。

これからもたくさんの人たちの手に渡り、幸せが増えていきますように!



Posted by Mai at 2015年06月04日 01:28
この本、とってもとっても大好きです。
人との関わり方、自分自身への労わり方、人を心から大切にする大切さ。
真っ暗でなにも見えなかった時に救ってくださってありがとうございます。💗
私もいつかようこさんみたいに誰かを救える様な人になれたら嬉しいです。
Posted by 25歳 at 2015年06月04日 18:49
どこでこの本と出逢ったのか、実は忘れてしまったのですが…(*_*;

何度も読み返しています。
大切な友人にもプレゼントしたり、読んでみてって渡したりしています。

1人で立つことが大事なんだと、教わりました。そう決意できて、そう周りに伝え始めたら、いろんなことを一歩引いて見られるようになりました。私は私の人生を歩いていいいと思えるようになりました。他人と比べてばっかで、狭い狭い世界にいました。それが今は、他人と比べることはせず、自分のしたいことをすることに意識を向けられるようになりました。
洋子さんの言葉で、自分の人生に自分の色を付けることができるようになりました。
まだまだ目指すところ、思い描くところには届いていないけれど、この本で得たものを大切にして生きていきたいです。

結婚しようと言ってくれている彼にも読んで欲しいなと思っていて、今はそのいいタイミングを見計らっています。家族以外に心から大事にしようと思える人に出逢えたこと、そしてその人をどうやって大事にしていくか、二人の関係を育てていくのにはどうしたらいいか、この本にはそれらに対するたくさんのヒントがつまっています。

いつか洋子さんにお会いして、こんな風に素敵に楽しく生きていますと直接ご報告できたら幸せだなと思っています。
Posted by ゆか at 2015年06月06日 12:15
いままで何度も読んでいますが、
重版のお知らせをきっかけに、
少しだけ久しぶりに読み返してみました。
そうしたらふと、あることに気がつきました。
私の好きなひとがこの本に書いてある言葉と
同じ意味合いのような話をしていることに。
そのひととの恋は実らないことがわかっていて
それを乗り越えなくてはいけない辛さに打ちのめされそうでしたが
「あぁ、あのひとと出会えてよかったな」と
幸せな気持ちが湧いてきました。
もちろん、この本にも洋子さんにも出合えてよかった…。
本屋でこの「結婚のずっと前」というタイトルに引き寄せられ、
その場で一気に立ち読みしてしまうほどだったことを
今でもはっきりと覚えています。

洋子さんがツイートされていた大好きな言葉があります。
「たくさんの回り道が、人生をゆたかにするのよ。大変だろうけどすてきなことよ。失敗も。挫折も。受け入れられないことも。」
この言葉に何度、助けられたことか…。

洋子さん、本当に本当にありがとうございます。
Posted by izmrm at 2015年06月08日 00:41
5
3~4年前に出会い、時々読み返す大切な本になりました。
この本のおかげで(そう言っても過言ではないくらい影響されてると思います。笑)、2年ほど前に彼と出会い、結婚に至り、憧れていた海外での仕事も得ることができました。
きっとこれからもたくさんの人の背中を支える本であるんだろうなと思います。
この場を借りて、ありがとうございました。
Posted by Meg at 2015年06月12日 17:43
洋子さんへ
発売すぐに購入してから何度も読み返しています。不思議と言葉は色褪せることなく、いつも私の胸にあたたかく広がっていきます。特に相手と一緒に落ちないというページに救われました。何もかも彼に合わせなくちゃと不安で自分に自信がなかったのが、ここ数年で自立して相手と付き合えるようになりました。洋子さんの言葉は、自分の足で立つことを促すけれど優しさがあるので好きです。
最近6年間一緒だった最愛の人と離れてしまいましたが、そのときもこの本に救われました。
相手も自分もお互いに出会えてよかったと思える、そんな人にまた巡り会いたいと思わせてくれる本です。
ありがとうございます。
Posted by さき at 2015年06月14日 14:46
初めまして、こんばんは。
坂の上さんの結婚のずっと前を読んで泣いてしまった21歳です。
良いところだらけで大好きだった彼氏の気持ちが薄れてしまい、失恋をしてしまいました。
失恋の悲しみと苦しさの中から動けず、まいっていますが、この本を読んで本当に勉強になりました。
坂の上さんの言葉は深く、確信をついていて衝撃をもらいます。
これからもTwitterをフォローしましたので坂の上さんのつぶやき見させていただきます。
幸せになりたいです。
Posted by ちはる at 2015年06月19日 21:22
この本とは、出版されてすぐくらいに出会わせていただきました。
本屋さんで見つけてすぐに、この本はわたしの中ですごく大切な本になるって感じました。
それからは、自分のいる環境がどんなに変わってもそばで支えてくれる本です。
ふとした時に読み始め、一つ一つの文章への感じ方が変わったな〜と感じた時には、自分がこの前読んだ時よりも一段階成長したのかなあなんて考えています。
ある意味、わたしの成長の指標になっているような感じです。

このブログも、ふとした時に読んではわたしの中に何かが吸収されていくように感じ、
お子さんや旦那さんのお話し、
仕事で関わった人のお話し、
坂之上さん自身の感じた事のお話し、
変な表現かもしれないのですが
全てがわたしの癒しになっています。

本を落として、ブログを通して坂之上洋子さんという方に出会えたこと私のなかでとても重要な事に感じています。
これからも坂之上さんから溢れ出てくる言葉を楽しみにしています。
Posted by よっこ at 2015年06月22日 00:45
凛とひとりになれるって強さ

とても大事だと思います。
私は、あれこれ人に世話を焼いてしまうことがありますが、
自分がひとりでいられないことの裏返しかもしれない、と思いました。
強く、なりたいです。
ときどき読み返しては、心に沁みることばに励まされています。
相手といい関係を築くには、まず、自分が強くなることですね。

洋子さん、素敵な本をありがとうございます。
Posted by Olive at 2015年06月22日 23:58
こんにちは。
50代になって恋をしてしまいました。
でも結局打ち明けることもできず、通り過ぎました。
恋していたとき、『結婚のずっと前』を鞄に入れてランチタイムに何度か読み返して、「ひとりで立っていることができないと」ってことが気になりました。
自分に自信がないうちは「恋」も先にすすめることができない。
年齢的に、過去の苦い経験もあるし。
本は洋子さんの言葉づかいの優しさと美しい写真のコラボが素敵です。
少し休んでこれからまた頑張ろうって思いました。
Posted by LILY at 2015年06月26日 18:03
私がこの本に出会ったのは、当時付き合っていた彼から連絡がパタンと来なくなったときでした。
もう終わりかなと思っているけど、引っかかりがあって諦めきれなかったとき、この本に出会えて心のけじめがつきました。
 それから『PRESENT』も発売されて2冊は、私の就寝前に読む本になりました。
 プラ子さんのチャリティーパティーで「ありがとうね」というメッセージとともに頂いたサイン。
それを見る度に「いえいえこちらこそですよ。」と思っています(笑)

落ち込んでるときもこの本を読んで励まされています。こういう考え方もできるんだよって教えてもらっています。

あと最後に書いてある。

『絶対に幸せになれる

だいじょうぶだよ』

の言葉で、そうかもって思えます。

ページ数は多くないので暗記した部分もありますが、いつのまにか忘れていた部分もあって読む度に気付きがあります。
この本に出会えたことも、坂之上さんを知れたことも、とても私にとって良かったことです。
ありがとうございました(^^)
       

Posted by reiko at 2015年06月28日 20:51
はじめまして。3年ほど前、遠距離恋愛する前に先輩から彼と私と1冊ずつこの本をいただきました。
その頃の私は(今もちゃんとできているか怪しいところはありますが)、いろんな不安や日常のちょっとした不満をすべて彼にこぼしていました。でも、それじゃいけないと思いました。彼は私の不安を解消するためにいるんじゃないし、私はそんなことをしたくて付き合ってるの?って、頬を叩かれたような気持ちでした。2年半遠距離恋愛をして、寂しかったり電話口でケンカしたり、悩んだり、そんな時この本に励まされて頑張れました。
今年の秋にその彼と結婚します。情けない自分になりそうになったら、またこの本を読みます。出会えて感謝しています。
乱筆乱文失礼しました。
Posted by レン at 2015年06月30日 11:36
こんにちは!
いつもブログ拝見しております。
先日はTwitterにも返信をいただきましてありがとうございます。

よーこさんの本をずっと愛読していました。
元彼と付き合っている時は、よーこさんの本を読んで、この人は違う気がするな〜と思ってはそれに蓋をしてやり過ごしていました…

数ヶ月前にやっと別れられて、今やっと本の言葉の意味が分かった気がします。心に落ち着いたというか、体感したというか。

現在就職活動をしているのですが、元彼と付き合っていたら、選ぶのをためらったであろう進路も、選べる自分がいるんです。
恋人の目とか存在を気にして、こそこそ生活していたんですよね。

元彼の存在が私の生きる重荷になってたんだなと感じています。

付き合った時間はかなり長かったんですが、何やってたんだろ!って感じです。二人して地獄に落ちるような生活もしていました。恥ずかしながら…。
過去に戻れたら、ほどほどにしときな、と自分に言ってあげたいです。
でも人生の分岐点でもある就職活動をする前に別れられてよかった笑

今は一人でちゃんと立てるってこのことかな〜と思ってます。

友達にも恋愛で苦しんでる人がいるので、よーこさんの本お勧めします。

私もこれから、凛としてて可愛げに頼らず、礼儀の正しい女性になれるよう精進します。
これからも影ながら応援しています!
Posted by らりりん at 2015年06月30日 12:14
5
「落ちるならあなただけ落ちろ」
読んだ時は衝撃的でした。
この本に出会うまでは【共倒れ精神=愛情】だと思っていた私も、自分自身がまずしっかりすることで、共倒れしなくても済みそうな今の主人に出逢えました。
主人を選んだポイントは【もしこの先二人に何か悪いこと(不幸)があっても、こちらが納得できるくらい頑張ってくれる根性、行動力、精神、心のある人だ】と思ったからです。それでも這い上がれない時もあると思いますが、それはそれです。こちらが「そんなに頑張ってくれたなら」と思えたらいいと私は思います。
相手が落ち込んでいても、私はできるだけ冷静に自分の意見を述べて基本的には「あとは自分で考えて行動して」と言います。
私が落ち込んでいる時主人はいつも私の側にいてくれて、抱きしめてくれます。特には何も言いません。(有難いことです)
私はこの本に出逢えて、主人にも出逢えました。
ものすごく自分が精神的に強くなれたように思えます。
この本を産んでくれてありがとうございました!
Posted by あやかご at 2015年06月30日 12:54
5
洋子さんこんにちは!
写真家の野寺さんが好きでこの本に巡り合いました。
おっしゃる通り、恋愛本ながらビターですよね笑
でもそこが大好きです。
恋愛沙汰や結婚生活の中で感じてしまう孤独は、独り身よりもずっと深い。
でもそんな時にこの本をめくると、自然と元気が湧いてきます。
重版おめでとうございます。
これからもたくさんの人にこの本が届きますように。
新しい本も楽しみにしてますね。
Posted by りねん at 2015年06月30日 17:22
洋子さん、初めまして。
結婚のずっと前、私にとってはお守りのような大切な本です。
当時付き合っていた彼とうまくいかず悩んでいるとき、この本を手に取りました。
単純だけれど誰も教えてくれないたくさんのヒントが詰めこまれていて、何度も泣きながら読みました。
だいじょうぶ、という言葉にどれだけ救われたかわかりません。

私も今は結婚し(当時の彼とは別の人です)、来年には赤ちゃんが産まれます。
主人とすれ違いそうになったときは、今でもこの本を開きます。
大好きな妹にもプレゼントしました。
子どもが大きくなったらこの本を必ず贈りたいと思います。
最後になりましたが、重版おめでとうございます(*^^*)
これからも応援しています。
Posted by ぴこ at 2015年06月30日 21:36
5
初めまして(*´艸`*)インスタグラムでこの本と洋子さんのことを知りました。
次の瞬間、即、Amazonで購入。笑

言葉たちがスッと腑に落ちる感じでしょうか。
優しいんだけれど、厳しくもあり、でもちゃんと近くで、大丈夫だよって言ってもらえてる。
恋愛だけじゃなく、人生においてのバイブルです(*^_^*)
出会いに感謝♡
ありがとうございます♡
Posted by ayucchi at 2015年06月30日 22:57
よーこさんこんにちは。
私は、子どもが2才の時に離婚をしました。仕事と育児の両立で悩み、心が苦しかったり、自分を責めたり、でも前向きに生きたい、どう整理していいのか分からない時期によーこさんの言葉に出逢ってしまいました。次々にストンッと入ってくるんです。今までの私はどこにいったのか?と思うくらい自分が変わったんです。
「常識や人の意見なんて カンタンに変わるんだから 自分を信じるしかないよ」
私を変えてくれた言葉。ちゃんと前を向けました。
よーこさん、変わるきっかけをありがとうございます。

追伸
大失恋をした弟にも本をプレゼントしました。こんな女性いいな〜と感想をぽつり。
Posted by たま at 2015年07月01日 12:22
5
結婚のずっと前
当時の私は、好きな人とも、上手くいかない。そもそも自分のことを認めてあげられない。強がってるけど、弱虫で。意地っ張りだけど、寂しがり屋で。そんな風でした。

洋子さんの本を読んで、心がふわりと軽くなり、色んなまわり道をする勇気と、色んな自分を認めて許してあげる勇気をもらいました。
大好きな言葉が、本当に沢山あります。何度も何度も読んでいるけれど、その時その時で、感じ方が違う。私も変われたのかな?ってすごく嬉しくなるのです。

私も将来、洋子さんのように、誰かの背中を押してあげられるような、そんな優しい詩集を出すことが夢です。そして、洋子さんと会ってお話が出来たらなと思っています。
本当に大切なプレゼントを、ありがとうございます!これからも、どうぞ、宜しくお願いします。
Posted by Silky at 2015年07月02日 18:11
5
よーこさんこんばんは☆

私は「結婚のずっと前」を友人が紹介していて知りました。
それでよーこさんの本を読んだら、この本を素敵と思うその人の感性に惹かれて好きになってしまいました☆
素敵な気持ちをプレゼントしてくれた大事な大事な本です。
Posted by pink at 2015年07月05日 20:11
5
「結婚のずっと前」に出会ったのは4年前、書店で装丁の美しさに思わず手にとりました。パラパラとめくって目に入ってくる言葉に思わず泣きそうになり、迷わず購入。

それ以来、つらいとき、彼と喧嘩したとき、仕事でうまくいかないとき、だれかをうらやんでしまったとき、、心がおもくなったときは必ず「結婚のずっと前」を読み、少し泣いてから眠るようになりました。
今でも「present」とセットで、私のバイブルです。

何度読み返しても、そっと寄り添ってくれるような、つつんでくれるような、あたたかい言葉に胸があたたかくなります。
大切な姉や友人にもプレゼントしました。この本を手に取って救われる人がまだまだたくさんいるんだろうなと思うので、重版が続いていることになんだか読者の一人である私も嬉しくなります(笑)

洋子さん、この本をつくってくださりありがとうございました。
洋子さんの考え方がとっても大好きです。これからもブログやツイッターの更新を楽しみにしています!
Posted by さおり at 2015年07月05日 21:26
一年くらい前に購入したと思います。
本屋さんで ぼーっと本を見ているとき、
たまたま読んで 買いました。
「結婚のずっと前」というタイトルなのに
恋愛に限らず いろんなことを教えてもらっている気がします。 結婚とか、恋愛で悩んでいるひとは心が弱っていることをわかっていらっしゃる感じがしました。
今年24ですが、だんだんと周りが結婚し始めております。彼氏もおらず、結婚なんてほど遠く自信をなくすこともあります。
でも、この本を読んでいると 大丈夫かも、と思えます。自分間違ってないのかも、と。強くて自立してても相手は現れるんだなと(笑)
子どもの頃からずっと、なぜかしっかりキャラで、男の人がよりにくいところがあるようでした。男友達はできるけど、恋愛にはならない…。でも、結婚は別!自立してて、強くて、相手を信じて待っていられればできる!
焦りは忘れて、自信をもって進んでいきたいです。ありがとうございます!
Posted by こむぎ at 2015年07月23日 22:09
4
1年前付き合っていた彼とお別れをして傷ついていたときに「結婚のずっと前」を立ち読みし、写真と文章に惹かれ購入しました。
それからなにかあるとこの本を振り返っていますが、優しい言葉と素敵な写真に癒されています。
本当に感謝です。
ありがとうございます!!

おかげで前付きあっていた人は吹っ切れて、今は新しい彼と同棲することになりました。不安もありますがうまくいくようこれからも参考にさせて頂きます!
Posted by めぐ at 2016年01月03日 21:56
結婚しようと話していた彼とうまくいっていません。自分の思いと周囲の友人、先輩の思い、そして相手の思いといろんなものがごちゃごちゃになってどこに落ち着けばいいのか分からなくなってます。
この人、ほんとは私「違うと思ってる人」なのかな…いや、そうじゃない。でもみんなはもっといい人がいると言う。確かに彼との間で傷つけられたと感じている経験もあって、心から好きじゃないのかなとも思ったり。自分は変えられるけど、他人は変えられない。彼のどこがいいの?と言われてすっと出てこない。好きだけど、ほんとに…?ぐるぐるぐるぐる思考が止まりません。苦しい。
Posted by ゆか at 2016年04月09日 20:32