2016年05月28日

ひとりで平和を紡いできた森重昭さんというひと

「オバマ大統領の広島訪問が無事に終わって本当によかった。アメリカのメディアが今のところとても好意的な記事を書いているので,ホッとしています。」って、ワシントンから前に日本の米国大使館にお勤めされていた友人からメールがありました。

私もほんとうに心底そう思いました。日本のメジャーなメディアではほとんど取り上げないですが、アメリカに住んだ経験がある人は、真珠湾攻撃の日の米国のメディアがどういう状態になるか知っているかと思います。毎年その日とその前後数日は日本人であることが苦しいぐらいの日本バッシングニュースのオンパレードです。

友人は大使館で大使の近くで働いていらしたので米国世論にもとても詳しいです。「ルース大使,ケネディー大使の広島訪問のときは懐疑的。ほとんど反対意見が多かった。国務省の中のいわゆる知日派の人々も、オバマ大統領の広島訪問は日米関係が悪化するんじゃないかと皆心配してた」と。

ケリー国務大臣の訪門が空気を変えたような気がする。それでも、オバマ大統領が広島に行くまでは過激な反対意見もあったんだよ。原爆投下は神様の罰が当たったとかアメリカでは普通だった。オバマ大統領が暗殺されるんじゃないかという記事もあったくらい。でも、日本政府も日本のメディアも冷静に見守ったから、本当によかったと思う。

そして、友人は、オバマ大統領とハグした被爆者の森重昭さんのことを、本当にこういう人がピースメーカーだよね。。としみじみ言っていました。

mori
核なき世界へ、被爆者「ともに頑張る」 オバマ氏と抱擁  日本経済新聞

新聞やニュースではあまり詳しいことは触れられてなかったので、森重昭さんについて調べてみました。

森さんは、被災者です。彼はアメリカ人にも被爆者がいる事を知り、「原爆の悲劇に国籍は関係ない」と思い被爆者名簿に名前を載せる努力を40年間ひとりで続けてきた人なんだそうです。

同じ名前の人がたくさんいる全米で(ネットもない中、費用もたくさんかかったかと思います)遺族を探し。。

ついには、平成16年に初めてアメリカ兵の名前と遺影が12人が被爆者名簿登録されたそうです。
しかし「原爆の悲劇に国籍は関係ない」とその希望が通ったのが平成16年。。ため息がでそうなくらい長い時間ですよね。。。

そして森重昭さんの話を聞いた米国監督が2年彼を追い続けたドキュメンタリー映画もあります。監督も森さんに会い感動して撮影を始めたそうです。映像の紹介の部分だけで泣きそうになりました。亡くなられた若いアメリカ兵の家族は彼によってどんなに癒されたか。(だって想像してみて。米国ではヒロシマは当然だと言われ続けてきた)

http://www.paperlanternfilm.com/
PAPERLANTERNF



思わず手をあわせたい気持ちになりました。オバマ大統領も同じ思いだったんだと思います。
こういう人こそ本当のピースメーカー(平和をつくるひと)ですよね。

実はこういう無名の心ある方々がたくさんいて、それぞれにたくさんのいろんな努力をいろんな方面でしてきてくださってきた。だからこそ今回の歴史的な訪問が成り立ったのだなぁと思います。

戦争を知らない私ができることは、原爆死没者慰霊碑に書いてあることを忘れないことぐらいなのでしょうか。

「安らかに眠って下さい 過ちは 繰返しませぬから」

Posted by tentenwang at 22:52│Comments(0)