2016年10月23日

完璧よりも美しい

編集を担当してくれた米田さんから連絡。
「結婚のずっと前、14版が決まりました!また増刷です。」
この本、5年前に出版したのですが、久しぶりに表紙見てたら、当時のこと思い出しました。

この表紙の花なのですが、近所の花屋さんに「枯れた花が欲しいんですけど〜」って買いに行き
「これ売り物にならないから差し上げますよ」ってもらったものなのです。

薔薇にこだわってたわけではなく、その日枯れかけてる花がたまたま薔薇だっただけ。(苦笑)

山のように頂いた枯れた花を選びながら家の床に並べて、写真家の野寺さんに撮ってもらいました。「女性誌とかたくさん撮ってるけど、洋子さんの使う色って大胆で、日本人ぽくないね」と指摘されたの覚えています。

表紙を開いて裏を見てもらったらわかるのだけど、花びらに穴が開いてたりするのもある。シワが寄ったり、形が崩れてたりしています。

「完璧でなくても美しい」っていうのが、意図でした。




だけど、ほんと、人との関係は、好きであればあるほど情けないほど完璧からほど遠〜い感じで、もがいてるって気がしません? 失敗したり、間違えたり、まわり道したり。

でもその(もがく感じ)って、実は(完璧な状態)より人生、美しいんじゃないかって。

だから、5年たった今、「完璧でなくても美しい」じゃなくて、なんだかなんでもパーフェクトじゃない方が(完璧よりも美しい)と、そんな感じで色々考えてました。

この本、大事に思ってくれてる人がたくさんいるの、嬉しいです。
ありがとうございます。


結婚のずっと前 [ 坂之上洋子 ]
結婚のずっと前 [ 坂之上洋子 ]







この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/tentenwang/51974989
この記事へのコメント
とても素敵な言葉ですね。じーんときました。
スマートに出来ない私ですが、頑張って悩んでトライアンドエラーして、そんな方が美しいと言ってくれる人がいる、そんな考え方がある。励まされます。

人間関係ではないですが、先日、日本から1番遠い英語も通じない国に現地語分からないまま飛んでくることになり、今は日々自分のあまりのかっこ悪さに焦ったり悔しくなったり…ズレた解釈かもしれませんが、それもそれでいいんだ!不恰好に進め!と。
がんばります、いつも素敵なメッセージをありがとうございます^ ^
Posted by kanata at 2016年10月25日 02:34