2017年07月08日

愛は保証できるのか

七夕だったので、保証とか安定についてぼんやりと考えてました。

巷のニュースで騒がれてることで引っかかった言葉。
「幸せにしてくれると約束してくれたのに」

それ聞いて、そもそも「幸せ」とか「愛」って、そもそも約束というか保証できないよ〜。って思った。

仕事でも、そう。大企業に入ったって、いつリストラされるかわからない。
生きていく上で保証って、実は何にもないんだと思う。

みんなそれに気がついていて、だから、不安になって、その不安をかき消すために、つい一生懸命に(愛した人を束縛)したり、必要とされていない場所にしがみついたりする。

でも、まわりを見渡すと、嫉妬や愛から、相手を束縛するを選んだカップルは10年ぐらい経ってみれば、(諦め)(こんなもんか)って感じで何だか幸せそうになってない。

仕事だってそうだ。そこで必要とされなてないのに、安定を選んだ人の目はうつろだ。

保証や安定って、なんなんだろう。

私は、よく「安定してる結婚してていいなぁ」とか、「自由に行動されてるのは、お互い裏切らないと信用しあっているのですね」「凄いキャリアがあっていいなぁ」と言われる。

そう言われると思わず苦笑してしまう。

「別に安定してないよ。明日はどうなるかわかんないし」
そう言うと、みんな「???」って意味がわからないって顔をする。

そんな時、私だけ違う考えなのかなぁ。。と逆に驚く。

yokosakanoue1




「結婚」という誓いで、愛が安定するなら
「信用してる」という言葉で相手の気持ちや行動を縛るなら
それこそ「制約」や「束縛」であって「愛」じゃない気がする。

もちろん約束や誓いの言葉が悪いとは思わないし
甘い言葉は甘美で素敵だし、結婚の誓いは美しいって思う。
でもそれは、その日のその瞬間の気持ちなんだと思う。
本当に、ほしいものは、そんなことで「確約」できない
って、思う。

キャリアにしてみてもそうだ。
私の仕事はフリーランスで、自分のできることぐらいはいつでも代替えがきく。流行り廃りもあるので時流が変われば簡単に仕事はゼロになる。

だから安定なんてとこから一番遠い。

そう答えてみるけれど、大概は、あんまりわかってもらえない。

ただ、人と話していて、私が他の人とものすごく違うな、と感じる点があるとしたら、みんなは、それでも、どこか安定を探し求めていて、私はといえば、明日の保証はどこにもない。それでいい。と決めているところなんじゃないかと思う。

明日に安定や保証がないというのは、結婚していても愛した人から愛されなくなる可能性や、お金や仕事がなくなることや、子育ての問題、介護、もちろん災害も含んでる。

だって、生きてたらいろんなことが起きる。

ただ、危機があれば、私は、その(危機を一番大事な恋人を扱うように扱いたい)と思ってる。

どんなに傷ついて孤独になってでもそれを包みこんで前に進むぞ、って思う。笑

そして、安定や保証がないとわかっているからこそ、私は今日この時間を大切にする。
そして、一緒に過ごす相手が最高に心地よいと思えれば、あ、幸せだなとその都度思う

愛も幸せも一方的にもらうものじゃなくて、自分も参加してつくってるって感じがいい。大事なものができても束縛や制約でそれをがんじがらめにしない。永遠や保証がないからこそ、不安定だからこそ、見えるものだってある。



だから私には、安定や「幸せにしてあげる」と言う約束はいらない。




Posted by tentenwang at 21:29│Comments(1)
この記事へのコメント
5
私のなかで人間関係や仕事にモヤモヤしていたところで、気持ちのすっきりする方向になるような言葉を頂きました。
ありがとうございました。
Posted by えみ at 2017年07月09日 23:26